スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2017の投稿を表示しています

郵便番号データ更新。今年最後

Google App Engine / Java で運営している郵便番号関連サービス。 郵便番号データを最新版に更新しました。 https://yubin.ko2.info/ 今年最後の更新となります。 本年もご利用いただきありがとうございました。 また来年もよろしくお願いいたします。

BitFlyerで送金が消える?GOXかと思うけど大丈夫

ビットフライヤーで仮想通貨の送金をすると、受取側で認識・表示されず、消えてしまったかのように見えることがあります。 まずは送金したところ。ライトコイン(LTC)を送りました。画像は「お取引レポート」です。外部送付となっています。 そしてこれが受け取り側です。 Binance  という手数料の安い取引所です。何も表示されていません。 仮想通貨の送金は時間がかかるとは言え、本来であれば送金途中の状態は「トランザクション」として認識されます。トランザクションは次の画像のように進捗状況を確認できます。画像では1/4という表示です(4/4になったら完了)。またトランザクションには一意のIDが付与されます。 大事な仮想通貨が消えた?! この状況に陥ると、セルフGOX(送金アドレスのミス等で仮想通貨を失うこと)したのではないか?と焦ります。 もしかしたら送金操作を最後まで完了していなかったのかも?などと思い、ビットフライヤーで残高を見ても、、、ゼロになっています。きちんと操作はしてあります。 では、送金した仮想通貨はどこへ行ったのか? あなたの仮想通貨はココにある!! 答えは「お取引レポート」の「入出金」にあります。 「入出金」をクリック 「ステータス」という項目に「お手続中」なる表示があります!! 実は、ビットフライヤーからの送金は、ビットフライヤー独自の「お手続き」が行われるようで、「トランザクション」として扱われるまでに、しばらく時間がかかるのです。 ここまで来ると、あぁなんだ、と安心できるわけですが、これを知らないとちょっと驚いてしまいます。 さて、ようやく胸をなでおろし、やがて送金が完了すると・・・ 受け取り側できちんと着金しています。 ビットフライヤーのステータスも「完了」になりました。 結論 仮想通貨は送金時間の長いものと短いものがあります。混み合うビットコインでは遅すぎる(あるいは送金コストが掛かりすぎる)という場合、ライトコインなど早く安い通貨を使いたくなります。 が、ビットフライヤーでは、、、何を送金しても時間がかかってしまう仕組みです。待ち時間は10分程度ですが、すぐに売買したいような相場状況には対応できない

絶対必須の仮想通貨・ビットコイン取引所4つ。特徴まとめ

基本中の基本。取引所は4つ必要。 ビットコインなどの仮想通貨を購入したり売買するには、「 取引所 」というサービスを使います。取引所はたくさんありますが、ここでは 基本中の基本 である 4つの取引所 について特徴をまとめました。 それぞれの取引所は扱っている通貨の種類や各種手数料が異なります。またメンテナンスやシステム障害で一時的に取引不能になることが多々あります。そういった状況を踏まえ、複数の取引所を組み合わせることで、仮想通貨を有利に購入したり運用することができます。 ビットフライヤー取引所(BitFlyer)  株主にそうそうたる企業が揃い、抱えるユーザ数もNo.1という最大手です。登録は こちら からできます。 株主は、三井住友、みずほ、三菱UFJ、電通、リクルート、SBI、GMO等々です。基盤と信頼性は充分と言えます。手数料が割高であったり、取り扱っている仮想通貨の種類が少ないのですが、慣れてくるとメインではなく、いざというときの備えのような使い方になるので問題ないでしょう。 ところで以降で紹介する取引所もそうですが、登録してから実際に取引できるようになるまでに、ある程度の日数が掛かります。郵送での本人確認があるためです。混み合っている場合は数週間待ちということもあります。 BitFlyerは手続きが比較的スムーズと言われているため、とにかく早く参加できるというメリットもあります。 この記事で紹介する取引所は登録だけなら無料ですので、タイミングを逃さないよう同時進行で手続きすることをお勧めします。 ビットフライヤーで取り扱っている仮想通貨は、ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、モナコインです。 コインチェック取引所(Coincheck) 国内では取り扱っている仮想通貨の種類が多い取引所です。登録は こちら からできます。 仮想通貨は1種類だけの保有では相場変動のリスクが高くなる( 参考 )うえ、送金時間などの実用面でも問題が出ます。そこで通常は複数種類の仮想通貨を持つのですが、その際によく使うようになるのが、こちらのコインチェックです。 また、日本円と海外の取引所の中継としても活用できます。 仮想通貨取引を始めると、やがて海外の取引所も使うことにな

郵便番号関連サービス。ローマ字部分の見切れ対策

郵便番号関連サービス サイトで、ちょっとした不具合を修正しました。 AMPでサイトを閲覧されたときに、長いローマ字が見切れてしまっていました(見切れるというのは、画面からはみ出してしまって見えない部分が出てしまうこと)。たとえば 〒600-8436 のページです。 赤丸で囲んである部分が 途中から表示されていなかった点を 折り返しで対応 AMPでなければ横スクロール可能ですので見ようと思えば見えていたのですが、AMPでは横スクロールバーが表示されず(自分がそういうCSSにしているだけかも知れない)、完全に見えなくなってしまっていました。これでは本当にローマ字を必要とする利用者に正しい情報が伝わりません。 なので、これを修正しました。 修正方法は、スタイルシートでbodyに word-break: break-all; を追加しただけです。 ちょっとしたことですが、スマホ対応サイトでは重要なことでしょう。 さて、今回なぜこれに気づいたかと言うと、前述の通り、長いローマ字のあるページをたまたま表示したためです。 ローマ字はアルファベットのみの文字列であるため、ブラウザに1つの英単語のように扱われます。1つの単語はデフォルトでは画面端に到達しても改行されず、横スクロール発生となります。 ところがスマホ前提のAMPだったので横スクロールを考慮しておらず、どうやっても見ることが出来ない部分が出てしまっていました。 当サイトでは住所のローマ字表記を扱っているので、地名によってはそれなりに長い文字列が発生します。区切りとしてスペースやハイフンがあれば改行されるのかも知れませんが、住所という特性上それらも無く、仮にあったとしても全データにおいて100%確実に表示されるという保障もありません。 ですので対策として、確実に改行するために word-break: break-all; を追加しました。 なおスクロールバーを表示するように設定してもよいのかも知れませんが、利便性を考慮すれば横スクロールという選択は無しだろうと判断しました。 そしてAMPではない通常のページでも、横スクロールは不便なので、同じく word-break: break-all; を追加して改行するようにしました。 長く運営し

予想当たり!ビットコイン上昇そして・・・

前回 から時間が開いてしまいましたが。 ビットコイン、ビットコインキャッシュの買い時が来ているのではないでしょうか。ボーナス前の水準まで下がっています。 さて、 前回の予想はビットコイン上昇でした。ボーナス資金が流れるのと、利確分の買い戻しがあると考えました。 結果は160〜170万→220万超え。大きく上げたものです。でもその後、やや下がって、今180〜190万くらいでしょうか。 さてさて、 この値下がりは年末年始に向けての動き・・・皆様が日本円に交換しているからではないかと予想しています。 年末年始は銀行が休みになりますし、なにかとお金が必要になるし、帰省などで取引できない場合は仮想通貨のまま放置しておくことに不安を覚えます。そんな方々が JPY に替えているんじゃないかなぁと。 それにしても仮想通貨は日本人ばっかり買ってるそうで、4割がジャパンマネーであるような話も聞きます。それもアマチュア個人の。 ということは仮想通貨の相場は日本人の生活習慣や行動パターンに大きく影響を受けることになります。ボーナスだの年末年始だのゴールデンウィークだので激しく値動くのはそのためなのでしょうね。 それでは今後の予想です。 年末年始の予想 ひとまず下がる!みんな日本円が必要だから。 取引は減る!みんな忙しいから。 なので、下がって安定! ただし草コインは円に交換しにくいのと暇な人がやってるので年末年始なんて関係なし! です!! 必須の4大取引所について ぜひ登録しておきたい4つの取引所。 特徴やメリットを こちらの記事 にまとめています。 Zaif coincheck BitFlyer Binance

法人情報データ更新。東京、千葉、神奈川、長野、ほか

郵便番号関連サイト の法人データを更新しました。 データ量が多いので数回に分割して更新しています。 月初に更新済み 北海道、東京、千葉、神奈川、長野、愛知、大阪、福岡 本日更新 宮城、福島、茨木、栃木、群馬、埼玉、新潟、岐阜、静岡、京都、兵庫、岡山、広島、徳島、香川、愛媛、高知 です。 検索結果への反映は少し時間がかかります。なぜなら Googleカスタム検索を使っているため。。。 ところで本日が移転日となっている ソニー銀行 ですが、既に新しい住所を掲載しています。手作業での対応です。

予想ハズレ!ビットコイン、ダダ下がり

ビットコインが値下がりしています。 前回、下が「れ」ないなどと書きましたが、バリバリ下がりました。 さすがに230万は急騰しすぎだったのもありますけど、140万台まで落ちるとは思っていませんでした。アルトコインも乱れ始めました。 長期ガチホ勢なら二度となさそうな買い時とも言えますが。。。 さて、とりあえず今回下がったのは、利確が多かったのでしょうね。誰が利確したかといえば、ボーナス勢の一部が「こんだけ上がれば充分だ!」と早々に撤退したのかも知れませんし、ボーナスを吸い取ろうと準備して狙っていたトレーダーの皆さんかも知れません。 ただ、ボーナス前よりも下がっている訳ではないので、結局の所買う側のほうが多いわけですね。当たり前です、誰もが売るほどの理由はどこにもありません。決済やATMの対応が着々と広がっているんです。利用者は増えるに決まっています。 さて、明日からまた平日です。 このお得感のある急落グラフを見たら(見なくても)しばらくは新たなボーナスJPYが流れ込むでしょうし、利確した人たちもガンガン買い戻してくるでしょう。だから、ふたたび上昇に転ずると予想します。 すでに現在160〜170万近くをウロウロしています。 それにしても、こないだまで100万越えだのと騒いでいたのに、170万で安く感じてしまうのは不思議ですね。人間の感覚は当てになりませんね(笑)! ちょっとだけ買い足しました。 今使っている取引所 posted with affihelper Zaif(オススメ!手数料マイナス!) coincheck(アプリが超快適!) bitFlyer(ただの最大手!)

今使ってるキーボードが安いのに超快適です - Logicool MK245 NANO

外出先でタブレットを使うために格安キーボードを購入したのですが、当ててしまいました、快適な逸品。 ロジクールの MK245 NANO という製品。このお値段でなんと 暗号化 無線 !しかも マウス と 電池4本 と 3年保障 付きです。どんだけでしょうか(笑)。 これを、ふらりと入った家電店で一か八かで購入したところ、大当たりでした。もう本当に快適。ドンピシャきた!というやつです。 買ってよかった。大正解。 あまりに使いやすいのでタブレットだけでなく、自宅のノートPCにもこれを使うことにしました。このキーボードを使って、ブログからプログラミングまで全部こなしています。以下に感想をまとめておきます。 充分な大きさ! 小型キーボードですが、キーは充分な大きさがあります。フルサイズのキーボードと同じ感覚で使えます。 キーの並びが標準的! キーの並び方は標準に近く、すぐに慣れて使えました。ノートPCの狭苦しくて特殊な配置に悩んでいましたが、このキーボードでデスクトップに近い快適さを手に入れられました。 深さがちょうど良い! キーを押し込んだときの深さが絶妙です。ノートの浅いものは手が痛くなるし、フルキーボードの深さも疲れやすいのですが、このキーボードはその中間の絶妙な深さです。快適。 さらに 衝撃が吸収される と言いますか、最後まで押し込んだときに 不思議な柔らかさ があって、手が痛くなりません。 打鍵音がかなり静か! これは我が家ではとても重要。近くで乳幼児が眠っていても作業ができるくらい静かなのです。この値段と打ち易さで、この静音レベルを兼ね備えているというのは本当に素晴らしいと思います。高いものでもうるさいのはうるさいですからね。 それでも気になるという場合は、技術本の一冊でも下に敷けば大きく改善します。机に直接置いていて振動が気になる場合は試してみてください。 マウスは音がする マウスのほうはクリックでカチカチと音が出ます。セットで使えば USB ポート1つでキーボードとマウスの両方が使えるというメリットがありますが、気になる場合はそのメリットを捨てて別のマウスを使ったほうが良さそうです。マウスには電源スイッチが付いているので、マウスだけ電源OFFにしておけば誤操作の心

関連記事表示ガジェット relpostsgad 精度改善

関連記事表示ガジェット relpostsgad をアップデートしました。 relpostsgad とは relpostsgad とは、Blogger に柔軟な関連記事表示を提供すべく開発・運用しているサービスです。構文解析によって柔軟に記事をピックアップします。 アップデート内容 今回のアップデート内容は、関連記事を選ぶ「精度」の改善です。 このガジェットは当ブログでも使っているのですが、どうも今までにないタイプの記事を書いたところ、急に精度が低くなったなぁと感じての対処です。 (最近いくつか書いているビットコインや仮想通貨の記事で、ほとんど関係のない記事ばかりがピックアップされてしまったのです。) 具体的な処理改善内容 解析処理で次の語句を無視するようにしました。 ひらがな1文字 ひらがな2文字 一応語句は品詞を見ていて名詞などに限定しているのですが、それでも「よう」といったありふれた語句が検出されてしまっていました。「よう」なんていろんな記事に入っていますから、まるで関係のない記事が出てきてしまいます。 そこで短いひらがなを除外してやれば、一般的過ぎる語句を拾う確率を下げられるのではないかと考えました。 やり方としてはベイジアンだのニューラルネットワークだのも興味はありましたが、実装にかかる時間とのトレードオフで単純な処理方法を選びました。単純でも実用上充分に効果があるのなら、それはそれだと考えます。 改善後の目標 新しい処理により関連性が高まり、セッションあたりのPV数や直帰率の改善につながることが目標です。 その他 構文解析には形態素解析エンジン kuromoji を使用しています。ユーザ辞書などは使っていません。 ガジェットの設置方法に変更はありません。また既に設置済みのガジェットに変更を加える必要もありません。当方サーバ内処理のみでの改善となっています。

もう先に行きたいのでブログ書いてます

仮想通貨で資産の増えた方は多いわけですが、その中でも先見の明があろうイケダハヤトさんのお言葉。 「まだ仮想通貨持ってないの?」 現在のイケハヤさんの ブログ のタイトルですね。以前は「まだ労働で消耗してるの?」だったかと思います。 イケハヤさんの人柄は好みが分かれるところのようですが、自分も次のセカンドライフだかサードライフだかに行きたいので、その言葉を借りて少しアレンジさせていただきました。 もう仮想通貨で消耗してるの? — ペコ@GAE/J (@peko_gae) 2017年12月7日 もう仮想通貨持ってないの? — ペコ@GAE/J (@peko_gae) 2017年12月7日 以下、解説です。 もう仮想通貨で消耗してるの? 仮想通貨は駆け出しの本命です。ビットコインや定番アルトコインの価格が日々上昇しているという大きな流れがあります。それらを買っておけば、あとは放置しているだけでも相当に資産が増えていくという状況です。 そんな中、放置しておけずに短期売買などに手を出してしまうと、大変に疲れてしまいます。上がってゆくものを手放して、それより低い価格で買い戻そうというアゲインストな作業の繰り返し。 価格は上がるばかりでなかなか下がりませんので、うまくいかない確率が高くなります。一時はイケハヤさんもやってましたが、、、 いつの間にか「まだ労働で消耗してるの」から「まだ東京で消耗してるの」になってたイケダのハヤトさんは、仮想通貨で短期FXしていつもお小遣い減ってるイメージ — ペコ@GAE/J (@peko_gae) 2017年11月22日 という感じで、実際早々に「これじゃ労働」みたいなことをブログに綴られ、長期ガチホに絞っていました。「本業があるんだ」と。 なるほど、そうですね。仮想通貨で儲かるというのは確かですが、それは価値が上昇するアイテムを持っているからであって、決して自分が生産的なことをしているわけではありません。ましてやそれで消耗していては意味がありません。 仮想通貨でいくら金持ちになろうとも、それはアイテムの力であって自分の力ではないということですね。仮想通貨はサブでやりつつも、もっと他のことに自分の時間を割くべきだということですね。 なお自分の本業は

ビットコイン200万超え。これは下が「れ」ないとみる

ビットコイン(BTC)が朝から200万円を超えたと話題です。すごいですね。 「すごいですね」と書くということは、既にビットコインをしばらく眺めているからのことでして、初めて見る人にとっては「ふうん?こっから何百倍にも増えるの?」くらいにしか思えないでしょうね。 さて、ちょっと前に書きましたが、この高騰はボーナスシーズンが影響しているのではないかと思っています。 あるいは100万円超えや130万超えでもニュースになりましたから、そのあたりから興味を持った方が取引所に登録して、本人確認が終わったタイミングで大量に買われたとも考えられます。 で、200万は大きな区切りなので、いったん下がりそうな気もしますが、もしかしたら下がらないかも知れません。というか、 「下が れ ない」 のでは? どういうことかと言いますと。 今の仮想通貨の相場は、メジャーどころがほぼ全面高にあります。安定感とお買い得感を兼ね備えた仮想通貨がありません。 ということは、「ビットコインを売って、別の仮想通貨を買いたい!」と思っても、どれも高くて手を出しにくい状況なのです。だから今は仮想通貨を動かしにくく、このパターンでのビットコイン売却は少ないと考えることができます。 いっぽう、お得感があるとすれば、リアルマネーです。仮想通貨を売って円やドルに換えること。あっという間の上昇ですから、「さっき買ったけどもう利益確定で売り払うよ」というパターン。 しかしこれは要注意だったりします。いまの日本では、ある程度の売却益を得てしまうと、確定申告が必要になります。そして、高い税金が掛かってくるのです(今のところ雑所得扱いとされるため。雑所得は税率が高い)。だからこのパターンも案外少ないかも知れないのです。 これらのことを踏まえると、 ビットコインは現在とても売りにくい 状況にあると考えられます(日本では特に)。 それはビットコインが案外値下がりしにくいことを示しています。 と、そう書いているうちに230万というツイートが。 200万は区切りでもなんでもありませんでした。あっさり突破。目指せ300万でしょうか。はたまた明日は500万? 投資マネーの流れ込みによる高騰。決して参加者が必死に労働してる効果ではありません。いつぞやの日本の経済成

ビットコインって何?だけを調べると超危険だった話

仮想通貨に初めて触れた頃の話。 ビットコインって何? だけ を調べていました。 「はいはい、これを買っておけば値上がりするんですね」という認識でした。今考えれば、かなり! 危険 なことでした。 仮想通貨には色々ある 当時の自分は、仮想通貨=ビットコイン、だと思っていました。テレビニュースだけを見ていたりすると、同じように認識している方もいらっしゃるかも知れません。 「仮想通貨が値上がってるよ〜」などと聞くと、あぁビットコインが値上がっているんですね、などと思っていました。 でも仮想通貨にはいろんな種類があることが分かりました。円とかドルとかユーロのように、ビットコインだのイーサリアムだのモナーだのがあるわけです。ビットゼニーだってあります。 中にはビットコイン キャッシュ なんていうのもあって、ビットコインと何が違うんだろう?と訳が分かりませんでした。調べてみると、元々1つだったビットコインを分割して、新しい通貨を作ったとのことです。兄弟だから名前を似せたようですが、2つはまったく別の通貨でした。 そしてそれぞれの仮想通貨は、使える場所や機能(匿名性だとか高速決済だとか)が異なることが分かってきました。ビットコイン キャッシュ についてはビットコインの技術的欠点に対策をしたものとなっているそうです。 その名はアルトコイン ビットコイン以外の仮想通貨のことを、「アルトコイン」と呼ぶそうです。日本初のものもあります。 その名は草コイン アルトコインの中でも特に弱小シェアであるものを「草コイン」などと呼ぶそうです。 草コインはほとんど値が付いていないものの、何かの拍子に一気に上がる可能性があります。1円にも満たないところから30円にでもなったら、資産30倍以上です。 じゃあ草コインを大量保有して一攫千金を狙えるかと言えば、日本には取引所が無いですし、誰も参加しなくなって消えてなくなることもあるようです(笑)。 草コインについてはまたいつか書きたいと思います。 「仮想通貨が値上がる」とは 話が横道にそれましたが、「仮想通貨が日々劇的に値上がっている」という現在の状況。ここで「仮想通貨=ビットコインではない」ということに注意が必要でした。 ビットコインしか知らなかったら、ビットコインだけを入手していたと思

ビットコインをちょっとだけ短期で頑張ってみた

仮想通貨はガチホ派ですが、今日の激しい値上がりの波をみて、ここは利確(利益確定)してみたくなって、一度売って買い戻してみました。 結果がこれです。取引日時は、上にいくほど新しくなっています。 これ結構ドキドキしました。 「あれ落ちてきなぁ」というところで売った後、反転して上がってくんですもの。二度と売った価格で手に入らなかったらどうしようかと思いました。夜食食べてる間に下がって買い戻せたので良かったですけど。 やっぱり仮想通貨は長期に限ります。 さてこれ、利益いくらでしょう? 細かすぎて、計算してる暇があったらブログやプログラムを書いている方が、ためになりますね。 こいうのはアクセス解析なんかも同じで、眺めて満足しててはいけません。研究して大きく効果を高められる方法があるならともかく。。。 今回の取引は BitFlyer で行いました。

ビットコインが180万超え。なんで?の答え予想

ビットコインが180万超え。100万円いくとかいかないとか騒がれていた頃が懐かしい気がしますが、それは11月の終わりごろでしたよね。今日は一気に30万の暴騰です。 最高値。あっという間です。 今使っている取引所 posted with  affihelper Zaif(手数料マイナス!) coincheck(アプリが超快適!) bitFlyer(ただの最大手!) なんでこんなに上がるのか この高騰にはちゃんとワケがありそうです。以前書いた この記事 がヒントでしょう。 はい、ボーナスではないでしょうか。 みなさんボーナスを一気に突っ込んできています。 先行者優位の仮想通貨。 早い者勝ちですから。 もう家に帰り着いたらソッコーぶち込み!という方が多いのでしょう。もはや宝くじにまわすお金があったら仮想通貨を買います、という方が続出するでしょうね。 予想:ここ数日は激しい上下 本当にボーナス資金が流れているのであれば、どんどん上がりそうなものですが、たぶん今回初めて参加した方の一部は、翌日上がっていたらすぐに利確すると思います。だって、一晩でボーナスが数割も増えていれば、もう上等だというのが普通の感覚でしょう。 ガチホ(ガチガチにホールド、長期保持専門、という意味だそうです)勢ですら、いったん売りたくなる相場です。いったん利確してまた大きく落ちたところで買い直したいと思えます。 そんなわけで、ボーナスで買う人、ガチホのつもりだったけど売る人、ボーナスで買って翌日にはボロ儲けだから売ってしまう人、、、入り乱れての激しい上下が予想されます。 ちょっとここしばらくの相場は読めない感じですね。きっかり200万あたりで手放す人が多そう、というくらいでしょうか。PCの前に張り付いていないと売り時・買い時を逃しやすいと思います。 長期予想は? 長期予想は以前から書いているとおりです。メジャー仮想通貨のガチホが手堅いと予想します。日本中のボーナスから資産が投入されるんです。その巨額を超えてまで引き出されるとは思えません。 メジャー仮想通貨については、マイナー勢からモナーやビットゼニーが台頭しつつありますね。 これからはモナーやゼニーに余剰資産が流れるかも知れません(もちろん円には流

仮想通貨 BitZeny ビットゼニーwalletの同期が始まらないのをやっと解決した

ビットゼニーという仮想通貨を数日前に知り、始めることになりました。記号はZNY。きっかけはツイッターです。 「リツイートしてくれたら100ZNY」的なツイートをリツイートしたところ、本当に100ゼニーをいただきました。投げ銭というやつです。 あまりに大量に配布していたので、値段はきっと1ZNYが1円にも満たない仮想通貨なんだろうと思ってましたが、びっくり。なんと20円以上でした。(急激に上がった直後だったようです) これがきっかけで参入できました。配布してくれた方、ありがとうございます。 で、これを受け取るために、ウォレットを探した結果、本家のアプリケーションにたどり着きました。そしてインストールしました。しかしそこからが大変だった。ウォレットを起動してもまったく同期しない!最初は遅いだけかと思っていましたが、そうではなく、同期が始まらないのです(今思えばウェブウォレットもあるのそっちのほうが手っ取り早かった)。 Linux でのセットアップ (linuxじゃない方は読み飛ばしてください) まずここで Linux だった自分は、いくつかやることがありました。 解凍したファイルに実行権限を付与しました。bin フォルダの中にあるファイルです。 そして bitzeny-qt あたりを起動してみた所、なにやら表示が出ます。IDとパスワードのような2行が出てきて、設定ファイルに記述して欲しいようなメッセージが書かれていました。 rpcuser=bitzenyrpc rpcpassword=〜 の2行です。 そこでホームディレクトリの下の .bitzeny にテキストファイル「bitzeny.conf」を作成して、表示された2行をそのままコピーして保存しました。これでひとまず無事にアプリケーションは起動しました。ただ、これだけでは駄目でした。 (Linux ここまで) ノードを追加すると良いという情報を見つけるものの ウォレットをインストールして、起動して、受取用アドレスを生成して、投げ銭ボットに教えました。ボット経由で 99.9ZNY が送られてきました。手数料0.1ZNY。 が、、、ここからが長かった。 アプリケーションのウインドウを見ていても、受け取るどころか「同期していない」と表示されたまま進ま

Monero(XMR)を無料配布しているサイト

モネロの無料配布をしている  Monero Faucet  というサイトがあるので紹介します。 仮想通貨に興味がありつつも自身のお金を投じることに不安がある、といった方は体験してみてはいかがでしょうか。 今回紹介する通貨はモネロです。記号はXMRで表示されます。 受取財布を用意する まずモネロを受取るためのウォレット(財布)が必要なので用意します。英語で良ければ My Monero 、日本の取引所なら コインチェック が使えます。 財布を用意すると、受け取るためのアドレスというものが割り振られます。 コインチェック の場合 受取アドレスは43rFTdWgLssC5TUBuceCXFEjSPe8sbEmAEiFkhUPCB75W9PAHUfuQCaWLouqP2jqVC9uBvQhoGVD4CfP1Yr7APScH3ZJWif といった長い文字列です。 この受取アドレスを、無料配布サイトへ入力します。 配布サイトは Monero Faucet  という海外のサイトです。 配布サイトの使い方 ではサイトの使い方です。 (1)「Enter your XMR address」と書いてあるところへ、さきほどの受取アドレスを入力します。ランダムで別ウインドウが開いくのでその時はその別ウインドウでやり直しです。 (2)「私はロボットではありません」にチェックを入れます。 (3)「Continue」ボタンを押します。ランダムで別ウインドウが開いくのでその時はその別ウインドウでやり直しです。 以上で1回ぶんのモネロが蓄積されます。 貰える量は運試しのようになっています。確率も書かれています。 0.000003XMR (30%) 0.000004XMR (65%) 0.00001XMR (3%) 0.000025XMR (1.9%) 0.00005XMR (0.099%) 0.01XMR (0.001%) となっています。 執筆時点のレートだと最高284円ほどです。これは結構な額ですし、仮想通貨は年に数十倍〜数百倍に値上がりすることも良くあるので、少額でも後に化ける可能性があります。 ちなみに1回貰うと次は1時間後まで貰えないルールになっています。ボタンを連打してたくさん貰

郵便番号サイト更新のお知らせとAMP導入で分かってきたこと

郵便番号関連サイト のデータを更新しました。 最新の郵便番号データになっております。 余談ですが、サイト名に郵便番号と入れて始めたサイトでしたが、だんだんいろんなデータを投入しているうちに、郵便番号の範疇を越えるサイトになりつつあります(汗)。 それから一部AMPも対応してみています。 AMP導入についての感想 この程度のサイトでどこまで効果があるのか疑問もありますが、たまたま検索結果に出てきたものをタッチしてみると、確かに表示が速いですね。 ただし Google Adsense の表示が非常に遅く、AMPに対応したからと言って検索順位や訪問数に変化があるようには感じません。(順位については公式に無いとされていますし) たとえば当サイトの場合は、良くも悪くもページのデータ量が少ない上に、Google App Engine という強力なインフラを使っています。 つまり、ほとんどのページが表示に3秒とか4秒なんてかかりません。ハナから Google パワーで速いのです。 App Engine の強さは appspot.com に ping しても分かります。google.co.jp よりも速かったりします(笑)。 おそらくこのようなサイトでは「表示が遅い」と感じて帰ってしまう利用者は少ないと思います。そこへAMPで高速化しても、無駄ではありませんが、その対応時間でもっと他にやるべきことがありそうです。 ですので、元々ストレスなく表示されているサイトの場合、AMP は SEO やユーザを引き止める効果が薄く、むしろ広告収入において機会損失になるかも知れません。 逆に、表示の遅いサイトでは AMP 対応する効果が高いと言えそうです。あるいは負荷に応じて課金される環境の場合は、課金額を減らす効果が見込めます。 極端な話、貧弱なインフラでも大人気サイトを運営することもできるのではと思います。コンテンツが AMP キャッシュに載ってさえいれば、どんなに負荷が集中しようと、全部 AMP サーバがさばいてくれるということですから。

百人一首サイト更新

百人一首のサイト に機能を追加しました。 更新内容 読み順での一覧を追加しました。 上の句、下の句での並びがあります。 それと今回のアップデートではないのですが、せっかくプログラムで出力しているのでランダム表示という機能も用意しています。こういうのはコードを書くとしても数行で出来てしまうので、プログラムはstaticっぽいサイト作成にも向いているんだなと思います。 当面先かも知れませんがある程度アクセスが増えたらランキングなども加えてみたいと思っています。 よろしかったら使ってみてください。

障害とメンテで止まるcoinchek

取引所の coinchek がたびたび止まっているようですね。 障害とメンテナンスです。 11月28日 アクセス障害 バックエンドの障害に巻き込まれたとのこと。うーん、この手のサイトでは特に、巻き込まれない設計をしておかないといけないですね。 12月3日 システム不安定による緊急メンテナンス 【緊急メンテナンスのお知らせ】 大変申し訳ございませんが、只今システムが不安定となっておりこれより緊急メンテナンスを実施させていただきます。 ユーザの皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願いいたします。 — Coincheck(コインチェック) (@coincheckjp) 2017年12月3日 利用者の皆さんの反応がすごいです。 いや、まじ笑えないですよ。 勘弁してください・・・ — ゆせ #仮想通貨 (@hirosan0220) 2017年12月3日 なんか最近多くないですか? — いの (@haretokidoki823) 2017年12月3日 こういうときのシステム屋の感情としては「障害は続けたくない」ですね。そういうときに限って続いちゃうんですけど。 詫びッとコイン\(//∇//)\ — 岡本 (@makabisanshin) 2017年12月3日 この意見、多いですね。トラブルでも何か貰えるなら許しちゃうことってありますよね(笑)。coincheckさんはお金で信用が買えそうな雰囲気です。 せめてメール通知してほしかったです!ログイン出来なくてめっちゃ焦りました💦 — shadow (@0623Inotaku) 2017年12月3日 今はわからないけど、昔はメールを大量送信すると携帯キャリアやプロバイダにブロックされるとかあったので、実は簡単にはできないのかも?いや、単にそれどころじゃなかっただけかな。。。 前回はサーバーダウンで次はメンテナンスですか、いい加減にしてください — 雲八 仮想通貨 (@e3ZkNYX7aECP9nN) 2017年12月3日 続くトラブルはきついですね。利用者はもちろん、治す側も。続くってことはたぶん試験なり技術なり時間なり何かが足りないんですけど、全力でやって発生しちゃうわけですからね。チームに優秀な軍師

ビットコインふたたび130万超え

ビットコインが再び130万超えたみたいですね。 最高値でしょうか。あっという間です。 今使っている取引所 posted with affihelper Zaif(手数料マイナス!) coincheck(アプリが超快適!) bitFlyer(ただの最大手!) さて、こないだ 一万円買った と書きましたが、9954JPYになりました。手数料で下がった分を取り戻せそうです。 うーん、これって借金してでも買ったほうが儲かるペースですよね(笑)。サラ金やカードの年利18%なんて返した上でたっぷりお釣りが来てしまう上昇率です。(だからってお勧めも保証もできませんけど!) などと書いてたら、10005JPYになってました。取り戻せました! あとは出金時の手数料ぶん400円増えてくれたらプラスです。 ところでこの上がり具合はあと2年位じゃないかと言われていますね。その予想が当たのるかどうかは知りませんが、簡単に言えば、広くみんなが仮想通貨を持つまでの期間がタイムリミット、ということになります。 そのあたりの時期の見分け方については以前書いたので(今後も書くと思いますが)今回は省略します。 まだ仮想通貨持ってないのかという件 最近ふとしたきっかけで始めておいてこれ言うのもアレなんですが、仮想通貨は、怪しくもなんとも無いですね。世の中の流れです。もう充分に信用できます。電子マネーみたいなもんです。 いやむしろ電子マネーのほうが怖いですね。いったんチャージしたら返金してくれないとか、使用期限があるとか、返金してくれる場所が限られていたりで、特定の地域や企業に依存しすぎなんです。ちょっと遠くに引っ越しでもしたら、お金を捨てるも同然になります。 自分は関東から離れて何年か経ちますが、その間に、バス共通カードとか、他にもいろいろ終わっちゃてるじゃないですか。まだ使ってない分を返金すらもしてもらえない。不燃だか可燃だか分からない紙くずですよ。せめて1日だけ乗り放題にしてくれるとか、キャラクターのステッカーにでも換えてくれるとかの気の利いた返し方を用意しておいてほしかったところです。 とは言え、もちろん電力が止まれば仮想通貨だって何もできないわけです。 が、それは電子マネーだって同じです。中央のデータ

AffiHelper - アフィリエイトのブログパーツ生成ツール

アフィリエイト用のブログパーツを生成するツールです。ご利用は こちら から。 サンプル レスポンシブですので表示領域の幅に合わせて横配置・縦配置が変わります。CSSで自由にカスタマイズしていただけます。 Pioneer パイオニア ブルーレイドライブ BDR-XD05R2 Win & Mac対応 BDXL対応 USB3.0 クラムシェル型 ポータブルブル ワインレッド Amazon 楽天 Yahoo! Qoo10 必須の4大取引所について ぜひ登録しておきたい4つの取引所。 特徴やメリットを こちらの記事 にまとめています。 Zaif coincheck BitFlyer Binance 伊坂幸太郎の本を探す Amazonで検索 楽天で検索 Yahoo!で検索 使い方 AffiHelper を開いてログインしてください。 設定を利用者ごとに保存するため、ログインが必要です。簡略化のためGoogleアカウントを使用していますが、他意はありません。不安であれば捨てアカウントでご利用ください。 ログインすると管理画面が表示されます。 管理画面では100件(仮)ぶんのパーツ設定が並んでいます。 最初は何も設定されていませんので、No.1の「編集」をクリックしてください。編集画面が表示されます。以降、この画面について詳しく説明します。 まず、このブログパーツは4つの部分に分かれています。 (1)画像部分 (2)商品名部分 (3)説明部分 (4)リンク1〜10 です。 実際のパーツに当てはめると次のような感じです。 編集画面では、この4つの部分について設定をします。4つが終われば完成です。 編集画面 1 画像部分の設定 編集画面の「画像部分」という入力欄に、HTMLを入力してください。HTMLはAmazonアソシエイトで「画像のみ」のHTMLを取得して、そのまま貼り付ければOKです(楽天等でも構いません)。画像が不要な場合は省略できます。 Amazonならこんな感じ

はじめて投資でビットコインを1万買ってみた!

おはようございます。仮想通貨は長期がイチバン!を主張するおっさんペコです。 ↓今使ってる取引所 bitflyer (基本!主要通貨揃い!) coicheck (アプリがベンリ!) zaif ( 準備中! おもしろい本人確認ハガキが来た!) こないだ、 コインチェック (coincheck)で本人確認が終わった!!とツイートしましたが、さっそくビットコインを買ってみました! 用途もなく買うのは初めてなので、ちょっとドキドキです。 相場は1ビットコインで120万ちょっとでしょうか。 お金が余ってるわけではないので、いちまんえんぶんだけです。 (余ってたらサイトに広告とか貼りませんし...) ぶっちゃけタイミングは気にしなかった 120万という相場がタイミング的にどうなのかと思いもしましたが、もうあんまり考えずに買いました。 こないだ見ていた価格が105万円だったので、そのときに買ってればちょっとは儲かってたと思うんですけど、そのときはプログラムとブログ書くのに夢中で、機を逃しました(笑)。もうほんと、早い者勝ちの世界です。 でもまぁどうせ長期です。大金に化けたら引き出そうかと思います。 気づいた点 ふと気づいたこといくつか。 銀行振込だと入金手数料はゼロなんですが、面倒だからってクレカで買ったら756円くらい引かれちゃった気がします。手数料というかレートと言うか。 まぁこれは取り戻せると思いますが、手数料の表を見ると、 coincheckより 急ぐ場合はクイック系で29999円とかの49万9999円とかの境界値での入金が良さそうですね。 ついでに円への出金は400円となっていますね。 一応書いておきますが、売却=出金ではなく、円で取引所に置いておくことができますので、取引ごとにこんな手数料がかかるわけではありません。 出金手数料は、送金という方法もありますから、必ずしも400円必要というわけではないでしょうね。 そしてもう一点、 アプリが秀逸 です。 これは投資そのものとは直接関係ないんですが、 concheck はアプリが良くできています。 超快適!です!! それがなんと、ログインしなくても誰でも使えます! この誰でも使える画面が凄くて、主要通貨

ビットコイン130万円?!105万まで落ちてます

こんばんは。 仮想通貨は 主要通貨を長期保有が最強 と主張するオッサン、ペコです。 ↓今使ってる取引所 bitflyer (基本!主要通貨揃い!) coicheck (アプリがベンリ!) zaif ( 準備中! おもしろい本人確認ハガキが来た!) また激動 さて、昨日から今日にかけて、仮想通貨は大暴落の様相を呈していますが、実は 全然、暴落じゃない ですね。 1ビットコインが130万円まで上がったと思ったら、今度は105万円です。他の主要通貨も同じような動きをしています。全体が連動してます。 130万で売った人は売り抜けましたね。そろそろ買い戻しどきではないでしょうか。 暴落ではない こう書くと暴落のように思われるかも知れませんが、暴落ではないですね。 と言うのは、130万円というのが、その日のうちの一時的な変動であって、数日前と比べたら、ちゃんと上がってるからです。 自分がビットコインを初めて入手したのが11月のはじまり頃だったと思います。そのときは1ビットコインは80万円もしませんでした。70万円台だったと思います。 それが今は100万円以上ですから、1ヶ月で20万円以上も上がっています。一瞬で過ぎ去った130万円で見たら50万円以上です、凄すぎでしょう。 そんなわけで、130万円が100万円になろうと、まるで暴落とは言えないのが仮想通貨です。 激動の背景は? こんなに値動きしたのには色々と理由があると思います。その中でこれじゃないかなと思うものがあります。それはテレビニュースです。NHKとかでやっていたというやつです。 それを見た人たちが仮想通貨に興味を持って、口座開設をして取引できるようになるまで数日・・・。ちょっとやってみようと思った人たちの余剰マネーが押し寄せてきて急上昇したのではないでしょうか。 そしてそれを見越していた人たちが、上がったところを一気に売る。すると興味本位で参加した人たちはびっくりして損切り。これで更に乱高下したんじゃないかと、いうふうに思っています。 ついでにFXの場合は、何もしなくても自動的に損切り売却されてしまうようなので、こういうときに、自動売りが自動売りを呼んでしまって、連鎖的に値下がってしまうのではないでしょうか。まさに、チェーン(笑)。 そん

MakeMKV の公認キー(公認コード)2017年12月!と2018年1月!

MakeMKV の今月の公認コードです。 MakeMKV関連記事: MakeMKV のインストール方法 は こちら 。 公認コードの登録方法(試用期間の延長) は こちら 。 ブルーレイ再生方法 は こちら 。 ブルーレイリッピング方法 は こちら 。 今回は1月までの60日間コードのようです。 T-AT5rdwLeWJAiUWOOlAL2Q@ezZRF_1YpFgXDhYjE0j56t3ov058tqkWsqRnVm7S1mx9 こちらのコードは2018年1月末・・・の、 ちょっと前まで 有効です。 月末は時差で無理なんです (笑)。

100万円超えからのビットコイン。未来の話を書きます

おはようございます。 ビットコインが百万円を超えた、というと一つの大きな区切りのような数字に思える金額です。 ↓今使ってる取引所 bitflyer (基本!主要通貨揃い!) coicheck (アプリがベンリ!) zaif ( 準備中! 手数料マイナス!) あちこちでニュースにもなります。だからそれについて書こうかと思いましたが、考え直しました。 だって、それは、 過去についての話であって、今後の参考になりません 。 もっと大事である 未来に関する考察を書く ことにしました。 結論「長期!長期!長期!」 このブログでは何度か書いていますが、ビットコインや仮想通貨については長期以外にありません。 詳しくは「 単純になったビットコイン。堅実でローリスクな仮想通貨の買い方を考える 」を参照。 直近は売りたい人が居ると思うけど 冒頭にも書きましたが、100万はひとつの区切り感の大きい数字です。これを超えたら売ろうと思ってる人は少なからず居るのではないでしょうか。 土日に何もチェックしなかった方は月曜朝に見て良い意味でびっくりするでしょう。ただ、そういう方の中には、下がるのが怖くなって利益確定売りをしたいということも多いと思います。 ところが売りにくい でもここで、売ってどうするのかという問題があります。今、いろんな仮想通貨が、ちょっと買いにくいかも知れません。 というのも、ビットコインからの乗り換え先となるお買い得感または安定感のある仮想通貨が存在しないのです。 ビットコインキャッシュやイーサリアムは割高感があります。他のアルトコインはまとめて上昇したり揃って下落したりと、買うタイミングがつかみにくい状況です。ビットコインで持っていたほうが安全そうな雰囲気なのです。 ですので、下落のもととなる売却が捗らない、と予想します。 話題が参入者を増やす 100万円超えはテレビニュースでも報道されたようです。広く一般的にビットコインの底力が周知されたということです。 そんなニュースが広まれば、少なからず仮想通貨の所有を検討する方々が出てくるはずです。 なのでやっぱり長期で上がる もちろんリスクがあるので、購入を検討するだけだったり取引所に登録するだけで終わってしまう方も多いでしょう(そこまで

Google App Engine で百人一首

BitFlyer 初心者が取引前に絶対知っておくべきこと

ビットコインへの関心がボーナスを抜く

単純になったビットコイン。堅実でローリスクな仮想通貨の買い方を考える

仮想通貨は危険という人も多いですが、本当でしょうか? 実は、 主要通貨を全部買っとくだけ で、ほとんどリスクなしに資産が増えていくんじゃないでしょうか。 ↓今使ってる取引所 bitflyer (基本!王道通貨揃い!) coicheck (銘柄多く、アプリも便利!) zaif ( 準備中! 手数料マイナス!) なんで? 仮想通貨の利用者はどんどん増えています。 将来、便利な通貨、決済手段として広く利用されることが期待されます。 ということは、仮想通貨全体の相場はこれからも上がります。みんなが必要になって、たくさん買うからです。 もちろんみんながどの仮想通貨を買うかは分かりません。でも、どれかが買われずに下がっても、そのぶん他が買われて上がるはずです。 つまり、普及しそうな主要通貨を全部買っておけば、平均すれば値上がりするし、トータルでは資産が増えるという計算になります。 実際にそうなっている この状況はまさに今のビットコイン(以下「コイン」)とビットコインキャッシュ(以下「キャッシュ」)です。 長期で見ると↓こうです。それぞれコインとキャッシュの価格です。片方が下がってる時は、もう片方がちゃんと上がってます。全体としては順調に増えています。 週単位で見ても、おおよそ同じような傾向です。 執筆時点ではコインとキャッシュが話題を独占していて、この2強だけが主要仮想通貨の様相を呈しています。 この2強が、これから3強や4強になるのか、はたまた王者1強になるのか、何か別の通貨と入れ替わるのかは分かりません。 でもいずれにしても考え方は一緒です。 全体としては上がる、です。 短期については? 短期での売買は、取引手数料が高めであったり変動が大きいことから、リスクが高いと考えます。 マイナーな通貨については? 理論上はすべての仮想通貨を買えば安泰かも知れませんが、それは種類が多すぎて現実的ではありません。取引所での取り扱いも限られていますから、買いたくても買えません。 メジャーな通貨の判断 乱立する仮想通貨ですが、今やメジャーな仮想通貨は数種類に絞られてきています。 それらは海外で ATM やカードで使えるようする動きがあったりと、もはや仮想と現

記事一覧

もっと見る