スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

7月, 2015の投稿を表示しています

たんぽぽコーヒーっておいしいのネ

たんぽぽコーヒーってのをはじめて飲んでみましたけど、
コーヒーもどきなわけなんですが、、、

おいしいんですね。

プログラムのおともに
ちゃんと眠くなれるコーヒー(もどき)。。

常用しはじめました。


メリット・特徴
カフェインレスお湯注ぐだけ(インスタント)お子様OKほんのり甘いすんげー種類ある etc...




用紙のサイズ一覧

プリンタなどでお世話になる用紙サイズ。こんなのデザイナーさんじゃあるまいし、普通は覚えられませんよ、、、と思うのですが、実は簡単に覚える方法があるそうです。それは A0 と B0 だけを覚えて、あとは計算すれば求められる、というものです。

たとえば「A3」なら「A0」を3回半分に折ったサイズ。「B5」なら「B0」を5回半分に折ったサイズ。ということのようです。でも面倒なので一覧です。
Aサイズ
規格大きさ例A01189 mm × 841 mmA1 841 mm × 594 mm新聞を広いた大きさA2 594 mm × 420 mm新聞を閉じた大きさA3 420 mm × 297 mmA4 297 mm × 210 mmA5 210 mm × 148 mmA6 148 mm × 105 mm文庫本

Bサイズ規格大きさ例B01456 mm × 1030 mmB11030 mm ×  728 mmB2 728 mm ×  515 mmB3 515 mm ×  364 mmB4 364 mm ×  257 mmB5 257 mm ×  182 mmB6 182 mm ×  128 mm

Arch Linux での Java バージョンの切り替え

Arch Linux (Manjaro Linux) で Java を複数バージョン入れていますが、その際のデフォルト Java を切り替えるコマンド。

まず、インストールされている Java を調べるコマンド。

archlinux-java status
実行結果はこんな感じです。
Available Java environments:
  java-7-jdk (default)
  java-8-jdk
「(default)」となっているのが現在のデフォルト設定です。
これを切り替えるには次のようにコマンドを実行します。

archlinux-java set java-8-jdk
set の後ろに、さきほどのコマンドで表示された任意の Java を指定します。


Java とはいえ、長年使っていると以前作成したプログラムがどうもうまくコンパイルできないなぁ、とか、実行時にエラーになってしまうなぁ、といったこともあって、時々お世話になるコマンドです。

最強のスマホ固定 for 車、自転車、バイク

スマホを自動車のダッシュボードに固定しようと いろいろなグッズなどを試したのですが。
ついに!! これが最強だろう!!!
というアイテムに辿り着いたので紹介します。

↓こちらになります。
マジックテープです。

もう説明するまでも無いと思いますが 簡単に手順を書いておきます。
(1) このマジックテープの 「硬い方」をダッシュボードに貼ります。
(2) 「柔らかい方」をスマホに貼ります。

(3)
スマホを固定したい時に
ピタッ!とくっつけます。


と・・・簡単ですが、
手順は以上となります(笑)。

※硬い方と柔らかい方は逆にしないように・・・とても使いにくくなると思います。


え〜、

これはですね、、、


かなりイイです!

おすすめ!


安いし、応用がきくし、付け外しが楽。


特に場所を選ばないのがとても快適。

他の方法だと
エアコンの吹出口だとか
ダッシュボードの平面だとか
場所が制限されます。

でもマジックテープなら
もうほとんどどこでもくっつきます。

垂直になる部分でも大丈夫ですし
ステアリングだって付くし
(スマホナビ画面が廻る!!)
用途があるか不明ですが
天井に付けても良いでしょう。

複数箇所もいけます。

固定したいところ全部に
硬いほうを貼っておけば良いのです。

自分は軽四とトラックにあちこち貼っています。
家の壁にも貼っています(笑)。

充電もナビも
音楽再生も楽々です。

自転車やバイクでも使えるでしょう。


ところで1点心配な方へ。
マジックテープを貼ってしまうと
大事な車から剥がす際に
のりが残らないか、という点。

一応、自分が使っているクラレのエコマジックは車のプラスチック部分で貼ったり剥がしたりしても拭けば取れる程度しか残りません。

が、それでも不安な場合は剥がせるタイプの両面テープを間に挟むとか??・・・よほど強力じゃないとスマホを取り外すときに一緒に剥がれてしまいそうですが(笑)。

というわけで、マジックテープのおすすめでした。
車の写真は撮りに行くのが面倒なので省略しました(失礼)。