スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

11月, 2017の投稿を表示しています

100万円超えからのビットコイン。未来の話を書きます

おはようございます。
ビットコインが百万円を超えた、というと一つの大きな区切りのような数字に思える金額です。

↓今使ってる取引所
bitflyer(基本!主要通貨揃い!)
coicheck(アプリがベンリ!)
zaif(準備中!手数料マイナス!)

あちこちでニュースにもなります。だからそれについて書こうかと思いましたが、考え直しました。

だって、それは、過去についての話であって、今後の参考になりません

もっと大事である未来に関する考察を書くことにしました。

結論「長期!長期!長期!」 このブログでは何度か書いていますが、ビットコインや仮想通貨については長期以外にありません。

詳しくは「単純になったビットコイン。堅実でローリスクな仮想通貨の買い方を考える」を参照。

直近は売りたい人が居ると思うけど 冒頭にも書きましたが、100万はひとつの区切り感の大きい数字です。これを超えたら売ろうと思ってる人は少なからず居るのではないでしょうか。

土日に何もチェックしなかった方は月曜朝に見て良い意味でびっくりするでしょう。ただ、そういう方の中には、下がるのが怖くなって利益確定売りをしたいということも多いと思います。

ところが売りにくい でもここで、売ってどうするのかという問題があります。今、いろんな仮想通貨が、ちょっと買いにくいかも知れません。

というのも、ビットコインからの乗り換え先となるお買い得感または安定感のある仮想通貨が存在しないのです。

ビットコインキャッシュやイーサリアムは割高感があります。他のアルトコインはまとめて上昇したり揃って下落したりと、買うタイミングがつかみにくい状況です。ビットコインで持っていたほうが安全そうな雰囲気なのです。

ですので、下落のもととなる売却が捗らない、と予想します。

話題が参入者を増やす 100万円超えはテレビニュースでも報道されたようです。広く一般的にビットコインの底力が周知されたということです。

そんなニュースが広まれば、少なからず仮想通貨の所有を検討する方々が出てくるはずです。

なのでやっぱり長期で上がる もちろんリスクがあるので、購入を検討するだけだったり取引所に登録するだけで終わってしまう方も多いでしょう(そこまでは無料ですから)。

でも余剰資産で少額で始めるということができるのが仮想通貨。

ちょっとだけ買ってみるという層が存在す…

Google App Engine で百人一首

BitFlyer 初心者が取引前に絶対知っておくべきこと

ビットコインへの関心がボーナスを抜く

単純になったビットコイン。堅実でローリスクな仮想通貨の買い方を考える

仮想通貨は危険という人も多いですが、本当でしょうか?
実は、主要通貨を全部買っとくだけで、ほとんどリスクなしに資産が増えていくんじゃないでしょうか。


↓今使ってる取引所
bitflyer(基本!王道通貨揃い!)
coicheck(銘柄多く、アプリも便利!)
zaif(準備中!手数料マイナス!)
なんで? 仮想通貨の利用者はどんどん増えています。
将来、便利な通貨、決済手段として広く利用されることが期待されます。

ということは、仮想通貨全体の相場はこれからも上がります。みんなが必要になって、たくさん買うからです。

もちろんみんながどの仮想通貨を買うかは分かりません。でも、どれかが買われずに下がっても、そのぶん他が買われて上がるはずです。

つまり、普及しそうな主要通貨を全部買っておけば、平均すれば値上がりするし、トータルでは資産が増えるという計算になります。


実際にそうなっている この状況はまさに今のビットコイン(以下「コイン」)とビットコインキャッシュ(以下「キャッシュ」)です。

長期で見ると↓こうです。それぞれコインとキャッシュの価格です。片方が下がってる時は、もう片方がちゃんと上がってます。全体としては順調に増えています。





週単位で見ても、おおよそ同じような傾向です。




執筆時点ではコインとキャッシュが話題を独占していて、この2強だけが主要仮想通貨の様相を呈しています。

この2強が、これから3強や4強になるのか、はたまた王者1強になるのか、何か別の通貨と入れ替わるのかは分かりません。

でもいずれにしても考え方は一緒です。
全体としては上がる、です。


短期については? 短期での売買は、取引手数料が高めであったり変動が大きいことから、リスクが高いと考えます。


マイナーな通貨については? 理論上はすべての仮想通貨を買えば安泰かも知れませんが、それは種類が多すぎて現実的ではありません。取引所での取り扱いも限られていますから、買いたくても買えません。


メジャーな通貨の判断 乱立する仮想通貨ですが、今やメジャーな仮想通貨は数種類に絞られてきています。

それらは海外で ATM やカードで使えるようする動きがあったりと、もはや仮想と現実の境界がなくなりつつあります。ニュースをざっと流し読みするだけでもある程度の普及具合が分かる状況です。

たとえば仮想通貨の代名詞のようなビットコインは、…

MakeMKV の公認キー(公認コード)2017年11月

ChromeやChromiumがメモリを圧迫するので

記事一覧

もっと見る