スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2020の投稿を表示しています

朗報!ついに Manjaro Linux で 日本語入力を簡単に導入 できるようになった!!

表題のとおりです! Manjaro Linux でいつの間にか対応されていました!
マウスポチポチで日本語入力を簡単導入できる!!
さっそく手順を書きます。
※画面はKDEです。KDEでない方は多少違うかもしれません。 ※途中で認証画面が出ますが省略します。
Manjaro Hello を起動します。 インストール直後に毎度出てくる「ようこそ」アプリです。 起動時に表示されないように設定にしてしまっている場合は メニューから起動できます。
起動したら、一番下のボタン「Applications」を押します。

すると次の画面が開きますので、画像のように 「Manjaro extended language support」の中にある 「Manjaro Asian Input Support Fcitx」にチェックを入れます。 チェックは右端の四角です。 ※Ibusも選べるようですが今どきはFcitxが流行りのようで。
チェックしたら右上にある「UPDATE SYSTEM」ボタンを押します。 押すと次のような画面が出ます。 ここで「kcm-fcitx」にチェックを入れて「選択」を押します。 kcm-fcitxはKDE用の設定ツールですね。 KDEでない方は別のオプションが選べるかもしれません。 必要そうなものを選んでおきましょう。 ボタンを押したあとは進捗画面が出て・・
インストール内容の確認画面が出ます。 「適用」を押します。
インストールが始まります。
しばらく待ったあと、 次のようになったらインストール完了です。 「閉じる」を押します。
ここでいったん再起動します。 (再ログインでも大丈夫だと思います)

再起動したら、メニューから「Fcitx設定」を起動します。 そんなの無い!という場合は設定は出来ませんが 使うだけならできると思いますので 下の方にある「動作確認」へ進んでみてください。
↑が起動した画面です。 その画面の右半分に「現在の入力メソッド」という部分があり、 初期値で5つくらい設定が入っています。 普通はこんなに要りませんので、 ↓のように「キーボード 日本語」と「Mozc」だけ残るよう、 いらない物を選択して真ん中あたりにある「<」を押していきます。
↑のようにできたら「OK」を押します。 以上で日本語入力が導入できているはずです。

動作確認
日本語入力の起動方法はWindowsと同じように「半角/全角」キー、 もしくはCTRL+SPAC…

サイトマップのContent-Typeをapplication/xmlに修正する

郵便番号検索サイトでずっと使っていたサイトマップを出力するJSP。 そこに記載していたContentType。 「text/html」としてしまっていたので修正。
こんな感じ。
<%@ page language="java" contentType="application/xml" pageEncoding="UTF-8"%> <%@page trimDirectiveWhitespaces="true"%>
バリデータへ送ってみる。


エラーなし!
このあたりはミスしていたとしてもGoogleもMicorosoftもきちんと読んでくれるわけですが だからといって異なる値をセットすべき理由は何もありませんから 正しい状態にしておくに越したことはないですね。
それにしてもこのサイトのsitemapは膨大です。軽く100万件超え。 そのため分割サイトマップ(sitemapindex)などを実装する事態になりまして 当初の予定よりだいぶ時間をかけて作業する必要があったのですが、、、 sitemapは効果がそれなりに大きいので頑張っておきました。 これによって更新ページをすみやかにクロールしてもらえるのです。 データ更新の多いサイトとしては非常に重要。
そんなこんなで今日もサイトを洗練すべく、微調整。 こちらのサービスはまだまだ磨きをかけていく所存です。

郵便番号・住所・法人・郵便局の検索と一覧の更新 令和2年4月30日

郵便番号・住所・法人・郵便局の検索と一覧の更新を行いました。

まず表示レイアウトの調整を更に進めました。
古今のディスプレイ事情を鑑みて、FHDで一番見やすくなるように行間などを調整しています。さらに当サイトは文字を大きめにしていまして、これはデジタル時代(つまり近眼)や高齢化(同じく老眼)に合わせてのことですが、この点について検索結果で強調するようDescriptionに記載しました。単純なデータのみでは他サイトと同じになっていまいますので、視認性や利便性、さらには他にはないデータとの組み合わせなどを強みとして、利用者の皆様に役に立つサイトを目指したいところです。

次にデータの更新です。
データは常に更新していますが最新の郵便番号・住所データは2020年4月のデータとなっています。こちらはもう少しで5月になりますので、近々また更新を行います。ちなみに当サイトの更新は、結構な手作業があります。おそらく皆様が想像するであろう以上にアナログな作業を行っているのではないかと思います。

さて試験的に外しましたAMPですが、引き続き外したままにしたいと思います。
理由は平均検索順位が上がっていることにあります。もちろんこれはAMPの影響だけでなく色々と利便性を追求して変更しているその他のことも加味しなければならないと思いますが、やはりAMPでは情報を削ってしまっていた分、ページの情報量についての評価が上がりにくかったと判断しています。ただしここで、アクセス数や広告収益が増加したかといえばアクセスは増えても収益はむしろ逆という状況であります。これは以前からの傾向でもあり、収益に関して言えばコンテンツ内容の充実を追求しているぶん下がるのは当然とも言えるでしょうし(どうしても広告は二の次の配置にしてしまう)、広告予算の配分が動画メインになったのかもしれませんし、COVID-19のこともあり、AMPだけが何か明確に影響しているようには見えません。どちらかといえばAMPによる影響は僅少であり、こういったことはじっくりと時間をかけて変化するのかもしれません。

引き続きサイトを改良すべく手を入れていきますので
今後もぜひ使ってみていただければと思います。

郵便番号データ更新 令和2年2月

郵便番号・住所・法人・郵便局の検索と一覧の郵便番号データを最新に更新しました。
2020年2月のデータとなります。

前回更新のお知らせ記事が8月となっていますが、記事の無い月もデータそのものは更新を続けております。年賀状等でご利用頂いた方も新しいデータですのでご安心ください。

機能改善も順次、地道に進めております。

更新情報の掲載、新消費税料金対応、表示レイアウトの調整、速度の改良、コピー&ペースト機能の搭載といったことを行っています。情報を簡略化しているAMPについても試験的に外しまして、スマートフォンからでもワンステップ踏むことなく全面フル機能でご利用いただけます。

よろしければ使ってみてください。