スキップしてメイン コンテンツに移動

サイトマップのContent-Typeをapplication/xmlに修正する

郵便番号検索サイトでずっと使っていたサイトマップを出力するJSP。
そこに記載していたContentType。
「text/html」としてしまっていたので修正。

こんな感じ。

<%@ page language="java" contentType="application/xml" pageEncoding="UTF-8"%>
<%@page trimDirectiveWhitespaces="true"%>

バリデータへ送ってみる。



エラーなし!

このあたりはミスしていたとしてもGoogleもMicorosoftもきちんと読んでくれるわけですが
だからといって異なる値をセットすべき理由は何もありませんから
正しい状態にしておくに越したことはないですね。

それにしてもこのサイトのsitemapは膨大です。軽く100万件超え。
そのため分割サイトマップ(sitemapindex)などを実装する事態になりまして
当初の予定よりだいぶ時間をかけて作業する必要があったのですが、、、
sitemapは効果がそれなりに大きいので頑張っておきました。
これによって更新ページをすみやかにクロールしてもらえるのです。
データ更新の多いサイトとしては非常に重要。

そんなこんなで今日もサイトを洗練すべく、微調整。
こちらのサービスはまだまだ磨きをかけていく所存です。