スキップしてメイン コンテンツに移動

仮想通貨は既存通貨を駆逐するか?JPY叩き・仮想通貨叩きに見え隠れする未来のヒント

仮想通貨なツイッターを見ていると、日本円にような既存通貨を嘲笑うような書き込みをたくさん見ます。

オワコンだ〜、中央集権だぁ〜、そんなの時代遅れだ〜、価値が暴落しているんだ〜、非効率だぁ〜、と。

もちろん現状はまだ仮想通貨のほうが利用する場面が圧倒的に少ないですから、本気で書かれていると言うよりは、笑い話、面白半分のネタでしょう。

けれど、この発想には盲点があるように思えました。

仮想通貨と既存通貨は二者択一なのか?


ということです。


将来的にシェアが逆転するというのは分かります。電子化は便利ですし中央集権は人々を抑圧します。ジャパンマネーがやたらと仮想通貨に流れているとのことですが、それは日本人が国の制度に常々不満を抱いている証拠とも言えます(日本円叩きツイートが流行るのも当然です)。

しかしながら日本円は国際的には強い通貨です。高い信頼があります。国際情勢がどうのこうのというニュースが流れる割には、日本円が暴落するような事態には陥っていません。これは国家が大きなトラブルを起こさず安定しているためでしょう。この信頼と強さは馬鹿にできるものではありません。

またドルのように他国で第二の通貨として使えたりするものもあります。吹いても飛ばないような大国という基盤への信頼でしょう。

そんな中央集権通貨を、仮想通貨ができたからと言って、完全に切り捨てる必要があるでしょうか?あるいは電力確保を前提とした仮想通貨は、いざという時に物理コインのように柔軟に使えるのでしょうか?


いっぽう仮想通貨のほうも投機だバブルだ危険だと、散々な叩かれ具合でもあります。先行者だけが得をするようなイメージも持たれています。しかし先行者ほど価値が消えてなくなるリスクが高いわけで、リターンが大きいのは当然です。言うなれば人柱代です。逆に普及して安全になってから参入した方々は、得るものも失うものも少ないに決まっています。

それでも、電子通貨としての利便性は平等に享受できるメリットです。普及すれば素晴らしい道具として恩恵を得られることになります。

そんな仮想通貨を、今現在使える場所が少ないだとか、今現在価格変動が激しいという理由で、将来性まで拒絶する必要があるでしょうか?


自分は最近まで、既存通貨と仮想通貨を、馬と自動車に例えて捉えていました。自動車が普及すれば馬での移動はなくなります。二者択一です。

でもこのたとえを、手紙と電子メールに置き換えたらどうでしょうか?どちらも必要に応じて、選んで、みなさん活用しています。これが片方だけにしろと言われたら、とても不便です。

つまり、仮想通貨と既存通貨は互いを否定するものではなく、両方を上手に使い分ける未来がやってくるのではないか、と思えるのです。

しかも使い分けは、さほど難しいことではなく、手紙と電子メールのように、ほとんど無意識に行われるのではないでしょうか。

結論

そういうふうに考えるようになって

仮想通貨は既存通貨を駆逐しない。共存する

という未来を予想しています。


おまけ

ツイッターのヘッダ画像を設定しました。ちょっとだけ共存を意識しました。$SALTは仮想通貨を使った既存通貨貸出サービスです(たぶん)。



 

記事一覧

もっと見る