スキップしてメイン コンテンツに移動

セキュリティよりも大切なことがある 〜 coincheck NEM(XEM) 流出関連

ちょっと話題になったニュース、コインチェックのネム流出。
そこから考えたことが表題。まぁ大したことではないですが・・・

セキュリティに完璧はない

  • セキュリティはいたちごっこで、完璧は無いため、
  • IT関連企業ではセキュリティは「突破されたら一巻の終わり」ではなく「突破された後どうするか」まである程度考えられていると思われまして、
  • 取引所であれば当然「流出してしまったら?」を想定して対策を考えてあるハズ。
さてコインチェックの対策はというと、
「補償するための自己資金を用意しておく」
のようでした。

今回コインチェックは素早く安心を提供しました。
自己資金での返金という余裕も見せました。
逃げ隠れせず、利用者の資産が消えないことを早々に宣言して、不安を迅速に拭っています。

こういったことから見えることは。

セキュリティよりも大事なことがある

でしょうか。

ユーザを保護するためには、セキュリティだけ取り組めば良いということではなく、突破された後の対処も重要ということですね。

コインチェックの収益が想像以上?

話が逸れますがSNSなどで驚かれていること。
投資の世界には個人で億単位の取引を行う人がゴロゴロ居るようですが、そういう顧客を抱え、莫大なお金を扱う取引所ですから、500億くらいポンと出せてもまったく不思議ではありません。が、あの謝罪会見から翌日?にポンと出してくると、攻め立てて気味だった世論も一瞬で鎮圧されますね。これがツンデレというやつでしょうか。

ただし、利益は確かに大きいが

取引所というビジネスは

  • ポンと500億円出せるほど儲かる
  • ポンと500億円盗まれて消えてしまうこともある

セキュリティに完璧があり得ない以上、今後は大きな利益と損益を繰り返していく業界になるのかも知れませんね。しょっちゅう盗まれたり余裕の補償をしたり。取引所にとっても利用者にとっても、それが当たり前になってさほど気にしなくなる時代になるのかも知れません。

ところで仮想通貨、
普段使いできる日は、いつごろ来るのでしょうか。。。


 

記事一覧

もっと見る