スキップしてメイン コンテンツに移動

マイニングと税金。え、そんな課税方法なの?無理でしょ(笑)

仮想通貨のマイニングに関して、利益が出ればもちろん税金が掛かってくるわけですが、その計算方法が、え?って感じだったので記載しておきます。


そのヤバイ計算方法は、国税庁のPDFに書いてあります。

いわゆる「マイニング」(採掘)などにより仮想通貨を取得した場合、その所得は、事業所得又は雑所得の対象となります。この場合の所得金額は、収入金額(マイニング等により取得した仮想通貨の取得時点での時価)から、必要経費(マイニング等に要した費用)を差し引いて計算します。

ひとまず、高額な「雑所得」になっている点について補足しておくと、国税庁としては雑所得のままにしておくつもりは無いようです。今はルールの整備が間に合っていないから雑所得扱いになってしまう、というだけなので、数年後には改善されるでしょう。ガチホ組はそのあたりも考慮しています。

さて、マイニングによる収入金額について、「取得した仮想通貨の取得時点での時価」とあります。ええと、、、時価って。。。

マイニングで得た時点ではまだビットコインなどの仮想通貨なわけですから、円ではありません。それを円換算しろという話です。

しかし採掘時点での時価となると、調べるのすんごい大変だと思われます。

そりゃデジタルですからログとかあちこち掻き集めて精査すれば分かるでしょうけど、とてつもない作業量です。誰がそんなのやるんでしょうか。1コインだけならまだしも毎日複数枚だと凄いことになります。

マイニングはほとんどの場合24時間継続して放置してるんですから、それを後追いで調べないといけません。

時価というパラメータについても、どこから値を持ってくるべきなのか???取引所の価格なんかみんなバラバラです。どこか公式でデータを取れる一箇所に特定しないと・・・


そしてさらに難題が降りかかります。

マイニング等により取得した仮想通貨を売却又は使用した場合の所得計算における取得価額は、仮想通貨をマイニング等により取得した時点での時価

基本的に仮想通貨は、売却したり使ったりした時点で利益とみなされます。しかしマイニングはルールが異なるようです。

前述したとおり、マイニングでは取得時点で所得扱いと書いてあります。使って無くても換金してなくても、掘り出しちゃったら課税対象です。

で、掘り出した時点で課税されてるのだから、使うときや換金するときには課税されないのかというと、そんなことはないようです。

マイニングで得たコインを売ったり使ったりすると、追加で税金が掛かってきます。

しかし、単純に課税すると二重になってしまうので、掘り出した時点での時価ぶんについては「取得価格」として課税対象額から差し引く、ということなのでしょう。

うーん、なんかそれ、いろいろ無駄な手順な気がしますが・・・
・計算がめんどくさい
・取得時点と使用時点の2回に分かれる

年をまたいだ場合なんか、値下がりや機材の購入費まわりで、税額に差異が発生するパターンがありそうですが、どうなんでしょうか。

結論

と、現状、マイニングに関しては課税ルールがうまく機能しそうにありません。近い将来、取得時点という考え方はなくなるのではないでしょうか。

例えとして、何か材料買ってきて商品を製造して売る場合を考えてみればわかります。製造した時点で「所得」っておかしいですよね。まだ売ってない時点ですから、何も得ていません。むしろ材料費と製造費という経費だけがかかっている在庫状態です(「資産」扱いならともかく)。


そんなわけで、マイニングは採掘してしまっただけで所得税が掛かる!しかも計算が複雑!2017年にいっぱい採掘しちゃった人は、ルールが変わらなければ確定申告頑張るしかありません!

 

記事一覧

もっと見る