スキップしてメイン コンテンツに移動

ビットコインの優位性「発行上限」が機能しなくなってきたのでは?仮想通貨が値下がり続ける可能性はないか

ビットコインの発行枚数には上限があります。2100万枚です。上限を設けることにより「需要が高まれば希少価値も高まる」という機能を実現しています。ビットコインはこの仕組みを優位性のひとつとして、法定通貨に対して価格を上げてきました。

が・・・ここにきてビットコインの価格が怪しくなってきています。

一時は1ビットコイン230万円くらいまで上がったと思いますが、今は120万〜140万円くらいです。上がるようで上がらない。参加者が増えているのにもかかわらず、資金が流れ込んでいるにもかかわらず上がらないのです。

もちろんこれはロボット取引なんかで仕組まれていたという話もあるんですが、最近感じているのは草コインへの分散がビットコイン相場を下げ続けてしまうのではないかということです。

草コインへの資金流出

仮想通貨をやっていると、徐々にビットコインや主要アルトコインの値上がり幅が小さくなっていることが分かります。仮想通貨が普及してきて、一人あたりの売買の影響力が小さくなってきたということでしょう。

こうなると主要仮想通貨では大きく稼げませんので、草コインなるものに目が行くのは当然です。

草コイン・・・価格が1ドルにも満たないような銘柄を大量に買っておけば、ちょっと値上がりしただけで大きな利益を得られます。一攫千金狙いで沢山の方が購入しているようです。もちろん消えて無くなる可能性もありますが、数千円や数万円なら宝くじがハズレる程度の痛みしか無いので参入障壁とはならないのでしょう。

結果、どんどん草コインが買われます。ビットコインや主要アルトコインが手放され、草コインに投資マネーが流れます。当然、ビットコイン価格は下がります。

草銘柄が増える件

さて、草コインは日々新しい銘柄が増えています。ICOなど理由は様々ですが、とにかく増えます。そしていまや簡単に取引できるようになっています。仮想通貨=ビットコインという時代ではないのです。

ここで疑問がふたつ生じます。


ふたつの疑問

1、発行枚数の形骸化

冒頭にも書いたように、ビットコインの発行枚数には上限があります。2100万枚です。しかし新規銘柄が無限に登場してくるため、仮想通貨全体では上限は無いも同然です。

希少価値を確保するはずの制限が、事実上取り払われているのです。むしろ売れないコインも無数にあり、需要よりも供給のほうが遥かに多くなっています。

仮想通貨=ビットコインという1択なら欲しい人は高くても買わなくてはいけません。でも他の選択肢がたくさんあるのなら必ずしもビットコインを買わなくなります。しかも後発コインのほうが機能・性能・セキュリティなどに配慮されていて、いつ王者の座がひっくり返ってもおかしくないわけですから、何が何でもビットコインが買われたり保持される理由はありません。

このように、仮想通貨全体に無限の供給力が許される限り、ビットコインの「発行数上限」という優位性は形骸化してしまい、「他の通貨への流出」という形で価格が上がらない(または下がってしまう)のではないでしょうか。

2、ビットコインとの価格連動

もうひとつの疑問。それは、アルトコインや草コインを法定通貨に換算する方法です。

各種仮想通貨を円やドルのような法定通貨に交換するには、いったんビットコインなり主要アルトコインなりに交換しなければいけません。多くのアルトコインや草コインが、直接法定通貨に交換できないからです(そこまでできる取引所がない)。

そのため仮想通貨の価格表示は、いったんビットコイン換算した価格で表現されることが基本となっており、すべての仮想通貨がビットコイン価格と連動して計算されます。

すると草コインへの分散でビットコインが値上がりしない(あるいは下がる)件と連動して、すべての仮想通貨の価格表示もまた上がらない(下がる)ことになります。

ビットコインの急上昇に期待できなくなり、人々が他の有望そうな草コインへ投資を進めると、ビットコインが切り崩され、その結果、草コインも連動して上がらない・・・ますます新規草コインを漁りに資金が分散→ビットコインが下がる→全体が下がる・・・という総崩れの方向性を持ってループしてしまうのではないでしょうか。



草コインの乱立。
これは仮想通貨にとって大きな転換点ではないかとうっすら感じております。

 

記事一覧

もっと見る