スキップしてメイン コンテンツに移動

Adsense と 常時SSL。広告表示機会が減ってしまうhttp/https両対応と対策としてのリダイレクト

常時SSLでの広告表示機会について。ブログや公開しているサイトで Google Adsense を使っているのですが、最近になって広告表示回数が減ってきていました。埋められなかったインプレッション数の増大です。アクセスが減ったという意味ではなく、表示領域が空白になってしまうのです。DoubleClick for Publishers(DFP)でも同様です。

同じようなことでお悩みの方もいらっしゃるかも知れませんので、その原因と対策を記載しておきます。なお原因は2つあります。

広告コードの新規設置直後は表示されない

表示機会の大きく減る原因のひとつは、広告コードの貼り直しです。レイアウト調整などで広告コードを新しくした場合、コードを設置したページが最初に表示されてから少し時間が経過するまで、広告が表示されません。コードに変更を加えなくても、サイトのレイアウトを大きく変更した際にも似たようなことが起こるように感じます。

この現象は、Adsense のクローラがサイトを確認に訪れ、内容を再度解析しているためかと思われます。解析する理由は、ポリシー違反の検出や、内容に応じた広告を配信するためでしょう。

この原因の場合、しばらく放置しておけば広告が表示されるようになりますので特に問題はないでしょう。ただし注意点として、「最初にページが表示されてから」時間が経過する必要があるということです。広告コード設置後にいくら時間が経っていても、初めてアクセスされるページには広告が配信されません。どうしても配信させたい場合は、広告コード設置後に自分でブラウザでアクセスするなどクロールや解析を促す必要があります。

常時SSLとの絡み

今回書きたかったのはこちらです。

常時SSL対応として、当方の各種サイトでは、 http 用のページに https でもアクセスできるようにしていました。しかし強制的に https ページへリダイレクトする処理を実験的に保留していました。

保留の理由はいろいろありますが、たとえば古いブラウザで表示できなくなることや、SSL 非対応の広告が配信対象とされずに収益が減少する、といったことがあったためです。

ところが最近になって、この http / https 両対応が Adsense 広告配信に差し支えているのではないかと感じ始めました。

なぜなら、同じページに http と https でそれぞれアクセスしてみると、片方しか広告が表示されないページが見受けられたからです。

推測するに、Adsense のページ解析において、http と https は同一ページとは認識されておらず、それぞれ別々に扱われるのではないかというような現象です。

これは広告収入を得ているサイトにとって問題です。広告配信機会が減ってしまうためです。

一度解析されて広告配信が始まったはずのページでも、SSLの有無で再度解析となり、その間は広告が非表示になってしまうためです。同じページに2度も解析待ち期間があっては、ページの多いサイトほど収益に影響します。(詳しく調べていませんが、もしかしたら実は2度では済んでいないかも知れません・・・なんとなく)

こちらの原因への対策は、同一ページへのアクセスは SSL 有/無のどちらかに統一すること、となるでしょう。どちらが良いかはサイトによるところですが、通常は https に統一するのが今後のためでしょう。

当方の対応とブラウザの動作について

当方では、新規サイトで強制リダイレクトを実装しました。http でのアクセスについて、すべて https へリダイレクトする処理を入れている次第です。同様の処理を保留にしていた既存サイトも、ふたたび処理を有効にしました。

たとえば http://yubin.ko2.info/ にアクセスすると https に転送されます。サーブレットで処理していますので、トップページだけでなくどのページでも転送されます。

なお非SSLからSSLへの転送では、転送後にブラウザのセキュリティアイコンが緑色に変化しない(安全であると認識されない)場合があるようです。理由は、転送前のページが改ざんされている可能性が排除できず、転送先が正しいという保障ができないためでしょうか。

以上、参考になればと思います。

 

記事一覧

もっと見る