スキップしてメイン コンテンツに移動

障害とメンテで止まるcoinchek


取引所のcoinchekがたびたび止まっているようですね。
障害とメンテナンスです。

11月28日 アクセス障害
バックエンドの障害に巻き込まれたとのこと。うーん、この手のサイトでは特に、巻き込まれない設計をしておかないといけないですね。

12月3日 システム不安定による緊急メンテナンス

利用者の皆さんの反応がすごいです。



こういうときのシステム屋の感情としては「障害は続けたくない」ですね。そういうときに限って続いちゃうんですけど。


この意見、多いですね。トラブルでも何か貰えるなら許しちゃうことってありますよね(笑)。coincheckさんはお金で信用が買えそうな雰囲気です。


今はわからないけど、昔はメールを大量送信すると携帯キャリアやプロバイダにブロックされるとかあったので、実は簡単にはできないのかも?いや、単にそれどころじゃなかっただけかな。。。


続くトラブルはきついですね。利用者はもちろん、治す側も。続くってことはたぶん試験なり技術なり時間なり何かが足りないんですけど、全力でやって発生しちゃうわけですからね。チームに優秀な軍師が必要ですね。


データベースにそのコマンドを一発。。では済まないですね(笑)。

12月7日 メンテ予定。
安定性向上のためとのこと。本当はこれが先に終わっていれば障害は出なかったんでしょうか。


いずれにしても仮想通貨の売買は、現状の取引所はメンテナンスや障害で止まることを前提でやっていかないといけませんね。

まだまだ急激なユーザや取引の増加が続くでしょうから、増強してもしても追いつかないという状況だと思います。しかも新しい通貨や法律やサービスにも対応していかないといけないですから、開発運営は仕事まみれに違いありません。

ミスの確率も高くなっているはずです。


以前も書きましたが、仮想通貨は長期保持を原則にして、取引所は分散させるということが重要なことが分かります。

それにしても今回の件は、止まってる時間帯にあんまり値動きしてないようなので、まだよかったんじゃないでしょうか。

 

記事一覧

もっと見る