スキップしてメイン コンテンツに移動

BitFlyerで送金が消える?GOXかと思うけど大丈夫

ビットフライヤーで仮想通貨の送金をすると、受取側で認識・表示されず、消えてしまったかのように見えることがあります。

まずは送金したところ。ライトコイン(LTC)を送りました。画像は「お取引レポート」です。外部送付となっています。



そしてこれが受け取り側です。Binance という手数料の安い取引所です。何も表示されていません。


仮想通貨の送金は時間がかかるとは言え、本来であれば送金途中の状態は「トランザクション」として認識されます。トランザクションは次の画像のように進捗状況を確認できます。画像では1/4という表示です(4/4になったら完了)。またトランザクションには一意のIDが付与されます。



大事な仮想通貨が消えた?!

この状況に陥ると、セルフGOX(送金アドレスのミス等で仮想通貨を失うこと)したのではないか?と焦ります。

もしかしたら送金操作を最後まで完了していなかったのかも?などと思い、ビットフライヤーで残高を見ても、、、ゼロになっています。きちんと操作はしてあります。



では、送金した仮想通貨はどこへ行ったのか?

あなたの仮想通貨はココにある!!

答えは「お取引レポート」の「入出金」にあります。

「入出金」をクリック

「ステータス」という項目に「お手続中」なる表示があります!!


実は、ビットフライヤーからの送金は、ビットフライヤー独自の「お手続き」が行われるようで、「トランザクション」として扱われるまでに、しばらく時間がかかるのです。


ここまで来ると、あぁなんだ、と安心できるわけですが、これを知らないとちょっと驚いてしまいます。



さて、ようやく胸をなでおろし、やがて送金が完了すると・・・


受け取り側できちんと着金しています。


ビットフライヤーのステータスも「完了」になりました。



結論

仮想通貨は送金時間の長いものと短いものがあります。混み合うビットコインでは遅すぎる(あるいは送金コストが掛かりすぎる)という場合、ライトコインなど早く安い通貨を使いたくなります。

が、ビットフライヤーでは、、、何を送金しても時間がかかってしまう仕組みです。待ち時間は10分程度ですが、すぐに売買したいような相場状況には対応できないこともあるでしょうから、充分に注意が必要ですね。


必須の4大取引所について
ぜひ登録しておきたい4つの取引所。
特徴やメリットをこちらの記事にまとめています。

 

記事一覧

もっと見る