スキップしてメイン コンテンツに移動

ビットコイン200万超え。これは下が「れ」ないとみる

ビットコイン(BTC)が朝から200万円を超えたと話題です。すごいですね。

「すごいですね」と書くということは、既にビットコインをしばらく眺めているからのことでして、初めて見る人にとっては「ふうん?こっから何百倍にも増えるの?」くらいにしか思えないでしょうね。


さて、ちょっと前に書きましたが、この高騰はボーナスシーズンが影響しているのではないかと思っています。

あるいは100万円超えや130万超えでもニュースになりましたから、そのあたりから興味を持った方が取引所に登録して、本人確認が終わったタイミングで大量に買われたとも考えられます。


で、200万は大きな区切りなので、いったん下がりそうな気もしますが、もしかしたら下がらないかも知れません。というか、


「下がない」


のでは?


どういうことかと言いますと。

今の仮想通貨の相場は、メジャーどころがほぼ全面高にあります。安定感とお買い得感を兼ね備えた仮想通貨がありません。

ということは、「ビットコインを売って、別の仮想通貨を買いたい!」と思っても、どれも高くて手を出しにくい状況なのです。だから今は仮想通貨を動かしにくく、このパターンでのビットコイン売却は少ないと考えることができます。


いっぽう、お得感があるとすれば、リアルマネーです。仮想通貨を売って円やドルに換えること。あっという間の上昇ですから、「さっき買ったけどもう利益確定で売り払うよ」というパターン。

しかしこれは要注意だったりします。いまの日本では、ある程度の売却益を得てしまうと、確定申告が必要になります。そして、高い税金が掛かってくるのです(今のところ雑所得扱いとされるため。雑所得は税率が高い)。だからこのパターンも案外少ないかも知れないのです。


これらのことを踏まえると、ビットコインは現在とても売りにくい状況にあると考えられます(日本では特に)。

それはビットコインが案外値下がりしにくいことを示しています。


と、そう書いているうちに230万というツイートが。
200万は区切りでもなんでもありませんでした。あっさり突破。目指せ300万でしょうか。はたまた明日は500万?


投資マネーの流れ込みによる高騰。決して参加者が必死に労働してる効果ではありません。いつぞやの日本の経済成長も同じ仕組みだったんでしょうね。日本人が勤勉だというのは本当かも知れませんが、勤勉だから経済大国になったというわけでもないんでしょうね。





 

記事一覧

もっと見る