スキップしてメイン コンテンツに移動

DOOGEE X5 Pro を買ってみた


他で書いた話ですが手持ちの DOOGEE X5 Pro を紹介します。

DOOGEE X5 Pro は海外製 4G・LTE 対応の低価格スマートフォンです。SIMフリーなので格安SIMと合わせてスマホを低価格運用できます。Android のバージョンは 5.1、SIM は2枚刺すことができます。

当方では IIJmio の格安SIMを使って主にモバイルルータ代わりに使っております。
関連記事:IIJmioがAmazonでかなりの増量キャンペーン


使用感等

まず筐体ですが日本のスマホにはあり得ないような段差があります。半分だけのプラスチックケースに本体をはめ込んだかのような形状です。日本ではこのような質感と段差はまったく受け入れられないであろうデザインです(ダサい、ごつい、といやつでしょう)。しかもこのケースのようなものは電池等を抑える背面カバーとなっていますので外すわけにもいかず、諦めて使うしかありません(笑)。


背面。この背面カバーによって国産スマホにはない妙な段差があります。
背面。この背面カバーによって国産スマホにはない妙な段差があります。

表面。画面はカレンダー。
表面。画面はカレンダー。

Google Play ストアがインストールされているのでアプリは自在にインストールできます。GPS地図などもインストールして使ってみましたが良好です。

表面。画面はGoogle Playストア。

その他、端末情報やSIMの情報画面を掲載しておきます。

端末情報
端末情報

IIJmioのSIMを刺したところ
IIJmioのSIMを刺したところ


動作実績

IIJmio のデータ専用プランにて 4G・LTE が使えています。SMS無しのSIMですがセルスタンバイ問題は発生していないようです。また WiFiテザリングで Teclast X98 Plus や DIGNO(R) M KYL22(au のスマートフォン)からのアクセスポイントとしても動作できています。

不具合等

海外格安製品のためハードウェア・ソフトウェアともに作り込みに甘い部分が見受けられます。日本製品のような気の利いた品質ではありません。


注意点

技適マークが付いておりません。法改正が検討されているようですが今のところ機内モードなり海外でのみ使いましょう。また日本特有の周波数帯(FOMAプラスエリア等)には対応していません。
充電器(ACアダプタ)は海外向けの形状ですので日本のコンセントには刺さりません。といっても microUSB ですので他の機器のものを流用して充電できます。

amazonで DOOGEE を検索
楽天で DOOGEE を検索
現在は後継となる新しい機種も出ていますね。





オークションや並行輸入のリスクと注意