海外通販でのモバイルルーターと格安SIMと電波と注意と


海外通販でスマホやタブレットやモバイルルーターを入手したいと考える方が増えているかと思います。格安シム(自分はこのIIJmio)の認知度が上がって広く普及し始めたことに絡み、スマホやタブレットやルータも格安で入手できるのではないかという発想に行き着くのは当然かと思います。

そして格安でスマホやタブレットやモバイルルータを購入しようと思うと、おそらく海外製品の存在を知ることとなります。

しかしここで大きな注意点があります。

電波は世界共通ではない

ということです。
正確には世界共通の電波は規格として存在し多数の国で対応されています。もちろん日本も例外ではなく世界標準の電波が飛んでいます。NTTドコモもauもソフトバンクも地域を限定すれば対応しています。しかしながらその「地域限定」に注意が必要です。

実際に海外の製品を日本に持ち込んで格安SIMを使ってみると分かるのですが、山間部などでは日本製品のスマホは電波を捉えているにもかかわらず海外製品は完全に圏外になったりします(使ってみた話)。

なぜそのようなことが起こるかといえば、山間部などは日本独自の電波しか飛んでおらず日本製品では問題なく電波を捉えることができても海外製品ではそれができないため通信不能になってしまうのです。特に「FOMAプラス」と呼ばれるような電波です。

ほかにも海外製品ではいまだにLTE,4Gに対応していないものも多いですしヨーロッパ向けの端末などは日本では圏外エリアが増大する可能性があります。日本では一切使えない端末もあるでしょう。

またさらにauは世界的にもレアな方式で通信を行っており使える端末やシムが非常に限定されます。

国産モバイルルータという解決策

ではどうしたら良いかといえば、できるだけ対応する電波の多い端末を入手するという方法もあるわけですが、海外製品では端末が限られるうえ多くの場合高額の端末になってしまい格安を目指すことと相反してしまうので現実的ではありません。

そこで考えられるのが端末と通信部を分けてしまう方法、
つまり、
端末のほかにモバイルルータを持つ
という方法です。

ここで重要なことはモバイルルータは必ず「国内品」を選ぶことです。国内のルーターであれば国内の電波に対応していますので必要なエリアをカバーできるルータを持ったうえでWi-FiやBluetoothで端末を接続して使用すれば、どんなスマホやタブレットでも必要なエリアで使うことができるわけです(といっても日本で認証されていない端末は電波法に注意が必用です)。

たとえば NEC の Aterm MR05LN というモバイルルータ買ってみた話)ではドコモもauも対応していますので相当に広いエリアを格安SIMでカバーすることができます。自分はIIJmioのファミリープランでdocomoとauの両方のsimを発行してもらい、ルータに2枚刺しして利用しています。これならフェリーでもある程度圏内になるというほど広いエリアを確保できている状況です。

また海外格安端末だけでは不安なこともたくさんありますが機種変などで使わなくなった型落ちの国産スマホでも接続できるように設定しておけば、いざというときにも通信可能ですのでかなり安心です。