スキップしてメイン コンテンツに移動

親爺がネット詐欺に遭った話


しばらく前に掛かってきた電話。遠方に住む親爺からである。内容は、親父がパソコンを使っていてウイルス感染を詐称する詐欺に遭ってしまった話であった。今まで身近な人から聞いたことのない貴重な話だったので参考までに以下にまとめてみる。

事のはじまり

それはある日、親父がブラウザでネットを閲覧しているときのこと。画面に突然、ウイルスに感染した旨と、「ウィンドウズサポートに電話してください」というメッセージが表示されたと言う。

驚いた親父は、メッセージが閉じるボタン等で消せないこともあり、コンピュータ様のおっしゃる通りとばかりに電話をしてしまった。この電話の相手こそが、詐欺業者である。

親父は定年していてそこそこいい歳ではあるが、スマホやアイパッドなどを使いこなしているし、仕事で経理や投資などをやっていたこともありお金や契約のことに注意深い人であった。だからこんな安易な詐欺に引っかかるとは想像もしなかったが、あっさりと引っかかってしまった。

なお当該の電話番号は03-4570-4372 0345704372 である。
「ウインドウズサポート」なる紛らわしい事業者名を名乗る。

更なる詐欺?


  • ところでこの詐欺業者について検索すると、無料相談サービスを行うと謳うサイトが沢山ヒットする。それらのサイトは本当に無料で何か有益なことを提供してくれるのだろうか?むしろ無意味な対策を行って対策費を請求してくるのではないか?ウイルスで脅して詐欺り、詐欺で脅して更に詐欺る、という悪質な筋書きのビジネスの予感がするのは自分だけだろうか。連絡してみようと思っている方は充分に注意されたし。


以降の流れ

さて話を戻して、例の電話をすると、その相手何やら親父にパソコン操作をさせ、クレジットカード番号やメールアドレスなどを訊いてきた。そしてそれらを教えると、すぐさまカードから何らかの料金を引き落としてしまった。

不審に思った父親はカード会社に連絡。約一時間後のことであったが、時既に遅しで、一万数千円の利用料らしきものが被害となった。

ここで救いは、不正利用されたのでは無く、パソコンのメッセージが消され、ウイルス除去費という名目での引き落としのみだったということだ。あくまで加盟店でのカード利用という状況に留まっていた。覚えのない高額のカード利用がされてしまったわけでは無かった。

もちろんその後どう悪用されてもおかしくないのでここで即座にカードを止めた。これでとりあえずカード悪用の危険はなくなった。

しかしパソコンの様子を聞いてみれば、なにやらデスクトップにアイコンか増えていると言う。

どうやらTeamViewerなる遠隔操作ソフトがインストールしてあるようだ。例の電話で指示されるままにインストールさせられてしまったのだろう。これは問題である。もはや何をされていてもおかしくない。仕方がないのでとりあえずこのパソコンは電源を切るという対処をしてもらった。ここからは技術的なことに詳しくない者が動かすべきではない。そのパソコンは後にこちらに送ってもらい初期化も視野に入れてキレイサッパリ対策を行うことにした。必要そうなデータはバックアップしておくので安心してくれおやじ。

それこらルータなどのネットワーク機器のセキュリティ設定も無効化されているかも知れないので、そちらはプロバイダに相談するよう伝えた。もしパソコンを初期化したらどうせ設定し直しに来てもらうのだろうし、お任せで構わないだろう。

カード会社の対応について

ここが皆様一番気になるところではないだろうか?カード会社とのやりとりである。

最初に連絡した際は、カード会社は不正利用と違って仕方がない、といったつれない返事だけであった。親父は警察などにも相談したが、そちらもあまり期待できそうにない雰囲気だった。

しかしその後、数日してからもう一度カード会社に相談したところ、他の利用者からも被害の相談が増えているらしく、なんと異議申立ての書類を書くことになった。大きな進展である。カード会社にも詐欺業者と加盟店契約をした責任がある。事が大きくなれば対策を行うのだろう。
さて、異議申立てがどうなるか?はまだ分からない。しかしこういったことは少しずつ状況が変わるので、すぐに諦めないほうが良いだろう。同じ状況にある方がいらっしゃれば、ぜひあちこちに粘り強く相談してみてほしい。

また今回は気付いただけ良かったが、被害そのものに気付いていないケースも多いかもしれない。正直、まさかあの人が?!という事態で、自分はかなり衝撃を受けた。

この後何か進展があればまた記事を書きます。