スキップしてメイン コンテンツに移動

apt-X対応スマートフォンとポータブルスピーカー


もう販売終了した製品ではあるが、ワイモバイル(旧ウィルコム)から出ていたシャープの AQUOS PHONE es WX04SH は apt-Xに対応している。

aptXというのは、Bluetoothの音楽再生用の規格で、音質やレイテンシを重視したものである。通常のBluetooth転送よりも音質が明らかに良いのである。

※今はハイレゾなどという新規格があり、そちらのほうが高音質ですので、お間違いのなきように。

このことは買った時には知らなかったし、回線自体は解約しているが、なかなか好みの対応スマホが無いので、音楽再生のためだけにこのアクエスと呼ばれる小さな端末を今も持ち歩いている。なお接続している主な機器はソニーのSRS-X55というポータブルスピーカーであるが、こちらは車載で使っているのだが、いわゆる重低音が激しく大きくて、本体が振動して軽く飛び跳ねる勢いである。アパートなどで使っては隣近所に迷惑になるだろう。正直なところ、嫁にプレゼントした33のほうが音のバランスからサイズから操作性から、何もかもが良い。