スキップしてメイン コンテンツに移動

SSLとTSLの違い


ときどき見かける SSL/TSL などという表記。SSLとTSLは何が違うのか?

一般的には、同じことを指して使われている。

SSLというのはTSLの前身であり、ネットスケープコミュニケーションズ社が設計したもの。
TSLはSSLが普及したため標準化して名前を変えたもの。

なのだけれど、呼びなれない・聞きなれない「TSL」は、それまでの有名な「SSL」というあだ名で呼ばれ続けているのが現状。

セキュリティの企業などでも正確な記述のために「TSL」と書くと話が通じないので、「SSL/TSL」といった曖昧な表記が用いられるようになったようだ。

ただしSSL=TSLということでもなく、バージョンが違う。
SSLは3.0まであり、その後TSL1.0となった。SSL3.0に新しい仕様変更や追加をしたものがTSL1.0である。その後TSLはいくらかのバージョンアップを続けている。

バージョンアップは脆弱性への対応やセキュリティ強化のために行われている。

 

記事一覧

もっと見る