スキップしてメイン コンテンツに移動

自動運転車は安全か


自動車は人間が運転するのとコンピュータで自動運転させるのとでは、どちらが安全だろうか。あるいは自動運転車が認可されたら、どれほど普及率するのだろうか。

自分の予想としては、日本では自動運転車は人間の運転よりも安全という結果が出ると思うし、普及もかなり早いと思っている。

なぜか?


その理由はふたつ。

ひとつはモバイル時代であること。

運転しながらスマホをいじっている人は多い。対向車を見ているとかなりの確率でスマホを操作していたり通話したりしている。メールだかラインだか分からないが明らかに文字入力しているだろうドライバーが一時停止を見逃して優先道路に突っ込んで行くといった光景も見る。
そんなドライバーよりも自動運転車のほうが安全運転できるだろうし、人は移動中にスマホをしたいのだ。やめられないのだ。結果、自動運転車が普及する、と思う。

もうひとつは、高齢化社会であること。

地方に行くと高齢ドライバーが多いし事故の統計でも高齢者がどんどん増加している。高齢者が誰しも車を安全に動かすのは無理がある。かと言って車を手放して都会に出たり施設に入るというのは本望でないだろう。そうなると自動運転車が安全かつ望む地域で生活するための必須アイテムとなる。結果、地方では自動運転車が急速に普及する、と思う。


というわけで、人間のドライバーがどんどん危険化していると感じるため、日本では自動運転車は安全かつ多くの人に求められる技術だろうと予想するのである。