スキップしてメイン コンテンツに移動

中華タブレット Windows10 にて



先日届いた中華タブレット。
Windows10でbloggerを試すため、この記事を書いています。

とりあえず Microsoft Edge ブラウザで管理画面を開いてみると、問題なく動いているように見えますが次のようなメッセージが表示されています。やはり google は chrome を使って欲しいのでしょうか。

検出されたブラウザはサポートされていないため、予期しない動作が発生する可能性があります。
快適に利用するには、  サポートされているブラウザ のいずれかを使用してください。


また、edge の useragent は次のようになっています。

Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/42.0.2311.135 Safari/537.36 Edge/12.10240


タブレットでのWindows10使用感

さて、タブレットでの windows10 はというと、まあまあ使いやすいのではないかと思えています。使いやすいといよりも、想像していたよりも使いにくくない、としたほうが正確かもしれませんが、ネットの閲覧程度なら問題なく使えそうです。

が。

文字入力などの編集に関しては、Android5.1のほうが操作しやすいと感じています。
慣れや個人差もあるかと思いますが、どうもタッチパネル用のキーボードが使いにくいのです。mずキー配置や使える配列やキーボードサイズのパターンが限られすぎています。それからGoogle日本語入力とも相性が微妙で変換中に左右矢印キーで何も起きなかったりしてびっくりしました。

他にも、edge でのキャレット(カーソル)移動が、きつい。この動作仕様ではかなり操作困難なような。この点はchromeなどを使えば良いのかもしれませんが。


編集にはAndroidかな

と、この文章を入力するにもなかなかスムーズにいきません。
ちょっと時間がかかりすぎたため、今回はここまでにします。
またときどき使用感を、androidで、投稿しようと思います。