スキップしてメイン コンテンツに移動

たぶん最安。Globe SSL を導入した(2)



自作サイトを SSL に対応させたくなり
(SSL対応していると検索エンジンの評価が上がる)
格安の GlobeSSL という認証局にて
サーバ証明書を発行して導入しましたので
その手順等を記載しています。

この記事は第1回の続きです。

第一回では GlobeSSL のプランや価格について記載しました。
今回は動作テストのためにトライアル版の証明書を取得します。
トライアル版は30日間有効で、その場で簡単に発行されます。

トライアル版の申込手順


1. GlobeSSLのサイトを開きます。

2. 画面を少し下に見ていくと価格表があります。

3. その中で一番左の「Trial」プランの「Order Now」をクリックします。(下図)





4.開いた画面で「Buy Now」をクリックします。(下図)



5.開いた画面で、下の方にある「Add to Cart」をクリックします。(下図)



6.さらに開いた画面で「Checkout」をクリックします。(下図)
 プロモーションコードの入力欄がありますが、現在は配布されていないようです。



7.開いた画面では契約者情報を入力します。(下図)
 必須項目は以下です。
  • First Name 名
  • Last Name 姓
  • Email Address メールアドレス
  • Password パスワード
  • Confirm Password パスワード確認(上と同じもの)
  • Address1 住所
  • City 都道府県
  • Zip Code 郵便番号
  • Country 国
  • Phone Number 電話番号
なおこの段階で正確に入力する必要があるのは、メールアドレス、パスワード、国あたりでしょう。登録情報は後で変更できますし、トライアル版では細かい住所等が使われることもないでしょう。

入力が終わったら「Complete Order」ボタンをクリックします。




8.入力に問題がなければ下図の画面が表示され、確認メールが3通ほど届きます。




9.届いた3通のメールを開きます。1つ目は管理画面のアドレスが掲載されているメール、2つ目は証明書取得説明文のメール(長い)、3つ目は設定用アドレスの載ったメールです。3つ目のメールから設定画面を開きます。

↓このような感じの長い画面が開きます。


次の手順は第3回に続きます。
が・・・

通常の管理画面の開き方

上記手順は最初に設定するためのリンクを開きますが、通常は全体的な管理画面を開きたいかと思います。その場合は以下の手順で使うことができます。

3つ届いたメールの1つ目に記載されているリンクを開きます。



「Secure Client Login」をクリックします。



メールアドレスとパスワードを入力してログインします。



それでは第3回に続きます


 

記事一覧

もっと見る