スキップしてメイン コンテンツに移動

定期券料金検索 on GAE は無料Quotaで収まっている


Google App Engine の例を紹介します。

定期券料金検索画面
定期券料金を検索するサイトです。
このサイトは無料Quotaで実現しています。

http://teiki.ko2.info/

このサービスの特徴は、料金が路線ごとに一覧表示されることです。

同様のサービスにありがちな、駅名を2つ入力するとその区間の料金だけが表示される、という動作とは少し違います。

出発駅を選択すると、路線内や近隣路線の料金が1ページにずらっと表示されます。


こういったサイトをGAEで素直に実装しようとすると、データストアから読み出すデータ件数やデータストアへのアクセス回数が多くなり、無料Quota制限は簡単に超えてしまいます。有料Quotaでもかなりの料金が発生してしまうかも知れません。内容的にもかなりのアクセス数が見込まれます。

でもこのサイトは、無料Quotaに収めています。どうやっているかというと・・・大したことはしていないので、、、省略。


ところでこういったサービスはPCからの利用よりもスマートフォンからのアクセスのほうがかなり多いようで、こちらのサイトでもjQuery Mobileを使用してタッチ操作や画面幅調整を実現しています。

定期券料金は一つ先の駅まで購入しても同じ金額だったりしますので、今まで調べたことがないという方はぜひ使ってみて下さい